« 「このエントリーを含むはてなブックマーク」ボタンを取り付けました | メイン | NHK「クローズアップ現代」ブログ特集の反響 »

2007年05月09日

Googleプロダクトセミナーに参加しました

第1回 Googleプロダクトセミナーのお土産「Googleグッズ」。さて、袋の中は?
 アップルストア銀座で開催されたGoogle プロダクトセミナー @ Apple Store Ginzaに参加しました。先着順で予約制ではないので、開始50分前頃に会場に着くと、既に5~6名の方が階段に並んでいました。WBS2.0(株式会社サンブリッジ小川浩氏が毎月開催しているイベント)で何度か来たことがありますが、会場(3階のシアター)は満席で、両側に2列ずつ立見が出る状態でした。(140名位の参加?)

 
 最初にアップルストア銀座の責任者の方が挨拶に立ち、この会場(Apple Store)にこれだけ大人数のWindowsユーザーが集まったのは、今日が初めてではないかとジョークを飛ばし、会場を沸かしてくれました。
 
 セミナーの内容は最初の約40分が、Google日本法人の及川氏によるGoogleの各種サービスの説明(デモ中心)、後半はヤナギダ氏によるGoogle Adsenseという構成でした。詳細は、この記事の後ろの方に掲載します。
 正直に申しますと参加前は、Googleのサービス内容は今更説明されるまでもなく、大体は知っていると思っていました。しかし、初めて知ったことや、そういうことだったのか、ということだらけでした。
 
 実は、このブログ(IT屋もりたの今時パソコン日記)にGoogle Adsenseを貼っていません。特に大きな理由や考えがあってのことではありませんが、強いていえば私ども個人事業ではありますが、企業(ビジネス)としての店長ブログなので、といったところです。ブログですので、Adsenseを貼る方が普通とも思いますが、このブログとは別のブログでということも考えられます。いろいろ考えた上で、掲載することになる可能性もありますが、現時点では未定です。
 
 
 参加者にはいくつかの特典があり、その1つが冒頭に掲載した「Googleグッズ」でした。
 
 会場で参加者1人1人に配られたコードでAdsenseに登録すると、さらに別の「Googleグッズ」が抽選であたる、という特典もありました。

 
■ Googleのサービスのデモと説明
 
 1.ウェブ検索
   ・検索結果画面の説明(ウェブ、スポンサー、関連検索)
   ・検索オプション演算子を用いた様々な検索方法の説明
    AND、OR、-(除外)、site:など
   ・OneBox機能
    例1:キーワード入力「地震」で、地震情報表示
    例2:キーワード「英和 apple」で、英和辞書(英辞郎)表示
 
 2.Googleアカウント
   Googleアカウントを登録することにより、得られるメリット
    検索履歴・・・検索結果のパーソナライズ
      自分の検索履歴の中から検索可
      検索履歴の統計情報
    アカウント登録(ログイン)した状態では、パーソナライズされた検索結果が得られる。通常の検索結果とは異なる。
 
 3.iGoolge
   Googleをパーソナライズされたポータルとして、カスタマイズして利用可能。
   特別な機能として、タブの名前を「Recommendations」として追加すると、推奨画面を自動的に作成してくれる。
 
 4.Google Earth

   Google Earthについても知っていると思っていましたが、KML(Keyhole Markup Language) 等について説明がありました。
   セミナーの冒頭、日本全国のアップルストアの支店をGoogle Earth上で飛行(?)するデモが流されたが、及川氏が作成したとのこと。このような“ツアー”のデータはKMLファイルとして保存したり、投稿出来る。
   回転したり(東京タワーや富士山など高い建物、山などを)斜めに傾けて見たりすることが可能だが、そのためにSketchUpというソフトが使われている。
 
 5.Google Desktop for Macintosh
   今後リリース予定の機能として、Google Desktop for Macintoshがある。Windows用は既にリリース済み。
 
 
■ Google Adsense

 
  後半はGoogle Adsenseについての説明でした。
 
  講師の方が会場の参加者に挙手でアンケートを取ったところ
 
   Q1: Google Adsenseを知っている(使用経験、未経験問わず)
      約半分
 
   Q2: Webサイト、ブログ等で情報を発信している
      約2割

 
 という結果でした。それを踏まえて、Adsenseの説明がなされました。
 
  ・Adsenseの仕組み
   ユーザー(閲覧者)、サイト運営者、広告主の3者がWIN-WINの関係になれる仕組み。
 
  ・使い方は2つのタイプ
    検索向けAdsense  ・・・ 検索を伴うサイトを運営している場合。検索結果に広告を掲載。
    コンテンツ向けAdsense ・・・ ブログ等。空きスペースに広告を掲載。
 
  ・ポイント
    (1) コンテンツ連動広告が簡単に作成できる
    (2) 高度な言語処理技術
       例:コンテンツの中にappleという言葉があった場合、文脈からリンゴなのかApple社か、的を射た判定を行い、広告掲載。

 
 
 最後に、Googleの一般向けセミナーは今回が初めてだが、今後第2回、第3回と継続していきたいとのお話がありました。既に第2回の予定が決まっており
  第2回 5月30日(水) アップルストア銀座
だそうです。内容はGoogle Adsenseを中心に、今日より詳しい説明をしたい、とのことでした。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) Googleの一般ユーザー向けセミナー開催予定 2007年05月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年05月09日 23:58 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/463

コメント

コメントしてください




保存しますか?