« 中国への旅 | メイン | 京都・仁和寺の御室桜 »

2007年04月15日

京都への旅

 昨日と今日の2日間、京都へ旅行しました。昨年もこのブログに掲載した
男6人の個人旅行です。かれこれ20年以上続く年間行事です。
 
 今年は昨年(神戸・淡路島)に続く、関西方面への旅と
なりました。

 
 私たち世代(昭和40年代に中高生)で関東在住の場合、
修学旅行先は京都・奈良が定番でしたが、私は中学3年生の時、
鼻の手術をしていたため、参加できませんでした。
 したがって京都を旅するのは意外と少なく、今回が3回目でした。
 
 過去2回に訪れた所は、苔寺(西芳寺)、万福寺、龍安寺、
太秦の東映映画村と非常に少なかったと記憶しています。
 どちらかと言えば奈良の方が好きで、京都は俗なイメージを
持っていました。
 
 今回も1泊2日と短い日程でしたが、次のところを見て廻りました。
 
  清水寺
  三十三間堂
  嵐山(渡月橋)
  奥嵯峨(竹林 および 大河内山荘)
  仁和寺
  龍安寺
  金閣寺
いわゆる「清水の舞台」嵐山をバックにして、桂川に架かる「渡月橋」

 龍安寺以外は、今回初めて訪れました。龍安寺も来たことがない
と思っていましたが、靴を脱いで方丈(本堂)に上がる時に
以前ここに来たことを思い出しました。
 
 
 なかでも、三十三間堂は衝撃的でした!中央の中尊を中心に
左右500体、合計1001体の千手観音が安置されています。
 当然のことながら現在のように機械で同じものが作れるハズ
はなく、1体1体手で彫ったわけで、彫刻師をさがすだけでも
困難を極めたであろうことが想像されます。
 建長年間の作ということですので、約750年前になります。当時の
人口は現在の10分の1もいなかったでしょう。経験豊かな職人のみを
揃えることは難しく、なかにはこの仕事に就いて日の浅い若者
いたはずです。

 それでも出来の悪い本尊は1体もないことに驚きます。
 
 私は洋の東西を問わず古代(数千年前)から中世(4~5百年前)の
人々の創造物(建築、書、彫刻、詩、歌など)を見聞きする時、
いつも感じることがあります。
 現在の数百分の一ないし数十分の一の人口の時代に、
どの作品も人間の感性そのままの素晴らしい出来栄え
であること、当時はどの人も現在で言えば芸術家のみ
に与えられた才能を持ち合わせていたのか、と
疑問を持ちます。
 高松塚古墳、法隆寺や薬師寺、万葉集、源氏物語や枕草子、
そして今回初めて見た三十三間堂の1001体の千手観音など、
製作に携わった1人1人が確実に力を出し切っています。
仕事のみならず、一瞬一瞬を全力で生きていた、ということ
なのでしょうか?
 
 わが身を省みる時、かつての人々の何十分の一も
パフォーマンスを発揮していないことを、痛感します。
 
 
 今回の旅行、特に初めて見た三十三間堂の千手観音と
約35年ぶり(中学の修学旅行の前年、大阪万博の時以来)
に訪れた龍安寺の石庭は、“京都も侮れない”という
意識を私の心に植え付けました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 神戸・淡路島 個人旅行 2006年6月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 震災の記憶 2006年6月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年04月15日 23:58 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/427

コメント

コメントしてください




保存しますか?