« 「フィードビジネス・サミット vol.6」(1)サマリー | メイン | 温家宝・中国首相 日本の国会で演説 »

2007年04月12日

「フィードビジネス・サミット vol.6」(2)小川浩氏の講演

 昨日開催された「フィードビジネス・サミット vol.6」の中から
株式会社サンブリッジ i-クリエイティブディレクター 小川 浩氏
の講演の内容をご紹介します。
 (参考) 「フィードビジネス・サミット vol.6」(1)サマリー 2007年4月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 
■ 基調講演2
 講演タイトル「日本にedge feeder/aggregatorは出現するか

 
 ● 始まりは、現在の“検索”(例えばGoogleの検索)は完璧ではない
  という話からスタートしました。
 
   「小川浩」というキーワードをGoogleで地図検索すると、
  犬山市大字羽黒新田の「小川浩」氏が1位に、東大阪市大蓮の
  「小川浩ブリキ店」が2位に表示され、今目の前で講演されている
  「小川浩」氏は4位以内に表示されません。(ウェブ検索、イメージ検索、
  ニュース検索では、講師である「小川浩」氏の情報が表示されます。)
 
   どうすれば「小川浩」氏の情報が検索できるか、どういうキーワードなら
  検索結果に正しい「小川浩」氏の情報が表示されるか
、という問題
  です。
 
 
 ● 次にマーケティングにおいて昔からよく引用される「AIDMA」の法則が、
  インターネット時代を迎えた今日では「AISAS」に置き換えられている
  というお話に続きました。このお話については、以前のエントリを
  参照ください。
   ・News2u ビジネスセミナー「Web2.0 ビジネスの基本戦略」 2006年9月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 
   5段階のうちA(Attension)とI(Interest)は両者で共通しており、
  Attention(注意)とInterest(関心)をいかにして発生させるか
  というところに問題の力点が移ったということです。
 
 
 ● ここでFeedの技術的な説明があり、Feed登場移行のユーザの
  行動変化に説明が及びました。
   「情報の発生から伝達・収束に至る推移のし方」がFeedと従来の
  Webとの間でどのように異なるか、図で説明していただきました。
   従来のWebが、情報の発生から徐々に上昇し、やがてピークを迎え、
  その後ふたたび徐々に収束していく(山なりのカーブを描く)のに
  対し、Feedは情報の発生と同時にピークを迎え、その後急激に
  下降し、その後はゆるやかに収束していく(ロングテールの説明で
  よく使われるものと同様のカーブを描く)ことを、示されました。
 
   「AISAS」のAIの部分をFeedが、SASの部分を従来のWebが
  担うのではないか、というご説明がありました。
  
   小川氏の的確でするどい分析に基づく、このような説明をお聞き
  するにつけ、たくさんのことを毎回お教えていただいています。

 
 
 ● 次は、ここまでのお話を受けて「AISAS」のAIの部分を発生させる手段として、
  Blogなどのアプリケーションに依存しないでFeedを生成する
  というアプローチに関する説明です。
   例えばブログやWebサイトを持たない人が、YouTubeにコンテンツを
  アップロードし、それを他の人がブログに貼り付けるといったことが
  行なわれており、上記の一つの例ということです。
   Vimioflickrdel.icio.usでも同様の例をみることができる
  ということです。
  
   またBlogやWebサイトを前提としないサービスも実際に存在し、
  FEED XSedgeioというサービスが既にあるそうです。
 
 
 ● 実は小川氏が現在取組んでいるのは、まさにそのようなサービス
  で、先ごろ発表されたmodiphiというサービスがそれです。
 
   ・modiphi
   ・BlogなしでRSS Feedを生成するmodiphiを発表 - Speed Feed [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
   ・サンブリッジ、EIR(客員起業家)制度によるWeb2.0プロ ジェクトを始動(株式会社サンブリッジ プレスリリース)
   ・modiphi BlogなしでRSS情報を生成するサービス 2007年03月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 
 
 ● 最後に「modiphiはBlogとは何処が違うのか?」について説明
  されました。非常に重要なお話でした。
 
   Blogというツールは、記事の投稿を簡単に行なえるようにし、
  その結果HTMLファイルをたくさん生成できるため、
  SEO的にも効果が大きい、というメリットをもたらしました。
   しかしRSSファイル(Feed)を1つしか生成しません
 
   それに対してmodiphiでは、Feedをいくつでも生成することが
  出来る
、ということが最大の相違点ということです。
   例えばブログのカテゴリ毎(例:“趣味”、“仕事”、“恋愛”、
  “社会” etc.)にFeedを生成することが可能ということです。
 
 以上、小川浩氏の講演について、ご紹介しました。
 
 他の講演、プレゼンなどにつきましては、別のエントリでご紹介
したいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「フィードビジネス・サミット vol.6」(1)サマリー 2007年4月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年04月12日 02:13 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/423

コメント

コメントしてください




保存しますか?