« “桜”(サクラ)に関するブログ記事 | メイン | カシオ計算機(その1) »

2007年03月30日

親のケータイ“機種変”

 今日ドコモショップに行って携帯電話の機種変更をしてきました。
3月一杯でポイントが消えてしまうため、母親のケータイを
機種変更することにしたのです。
 
 母に希望を聞いてみると、写真が撮れる機種がよいという
返事でしたので、いくつかの候補を私がピックアップして
選んでもらうことにしました。

 
 文字の見やすさ写真の撮りやすさをポイントにして
3機種に絞り、最終的にはらくらくホンⅢにしました。
NTTドコモ らくらくホンⅢNTTドコモ らくらくホンⅢ

 
 持ち帰ってさっそく使ってもらったところ、今までの機種
(F671i)とは若干操作が違い、とまどいがあるようです。
 
● 例えば「きょうと」(京都)の「ょ」を入力する場合
 
 旧機種では
 
  (1) “や”のキーを3回押す(「よ」を表示)
  (2) 大文字/小文字切替キー(一番左下のキー)押下
 
だったのが、新しい機種では
 
  (1) “や”のキーを3回押す(「よ」を表示)
  (2) (1)の後さらに3回押す(「ょ」を表示)
 
に変わったようです。
 
● またメール作成・送信画面の宛先欄からアドレス帳を
 開く場合の操作方法が変わったようです。
 
  宛先欄にフォーカスがある(入力の現在位置を示すため、
 太枠で囲まれている)時に
 
 旧機種では
 
  “電話帳”ボタンを押下
 
したのが、新しい機種では
 
  “決定”ボタンを押下
 
でアドレス帳が開くように変わったようです。
 
 単純に“電話帳”ボタンが“決定”ボタンに変わっただけなら
よいのですが、新機種には“決定”ボタンと“電話帳”ボタンの
両方あり、この場面で従来通り“電話帳”ボタンを押すと
異なった方向に操作が変わってしまいます。

 
 このようなささいな変化に私の両親などは
ついていけないのです。

 
 
 今回は旧機種(F671i)からあまりかけ離れていない機種を
選んだつもりでしたが、やや計算外でした。
(中高年層向きで、しかも新旧とも同じメーカ(富士通)製なのに)
 
 らくらくホンⅢは、上記のようなユーザ層のことをかなり考えて
作っているので、携帯電話を初めて使用する方には適している
と思います。
 
 しかし、既にケータイを使用しているユーザの買い替え(機種変更)
需要の場合は、「操作をまったく変更しない!」というくらい
徹底した開発ポリシーが望まれるのではないか、と個人的には
思います。製造者側(提供者側)の立場としては他社との
差別化(少なくとも横に並ぶ)のために新しい技術や
サービスを盛り込みたいことも理解できます。
 
 永遠のテーマなのでしょう。同じことはつい最近の
Office 2003から2007 MS Office systemへのアップグレード
に対しても感じたことです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) Windows Vista / 2007 Microsoft Office system ベータセミナー 2006年10月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) the Microsoft Conference 2006 1日目(2) ~ 2007 Office system導入に伴う業務への悪影響 ~ 2006年11月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 新しい携帯電話 2006年12月22日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年03月30日 20:26 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/407

コメント

こんにちは、何でもいえることですね(^。^)
電車の、キップを買うにも、今いる駅から目的の駅では
買えません、何処を経由して行くか、線で調べなくてはね
電車に、乗りなれない人は大変です、これも鉄道会社が
お客さんの為に、作っていないからです。。。

あまり、お客さんの意見ばかり聞いてしまっても、また
問題ですが、作り手側のシステムに上手くハンエイしてあげれば、より良い物が出来るのではないでしょうか、そこに新たな
ものが、生まれるかも???

投稿者 ダーク : 2007年03月31日 12:31

 ダークさん、コメントありがとうございます。

> あまり、お客さんの意見ばかり聞いてしまっても、また
問題ですが、作り手側のシステムに上手くハンエイしてあげれば、より良い物が出来るのではないでしょうか、そこに新たな
ものが、生まれるかも???

 その通りです。IT業界が飲食業界、小売業界などと同じ様に成熟すれば
必然的にそこに意識が集中するハズです。まだ不完全であるがゆえに
私どものような者でも仕事をしていられるのかも知れません。

投稿者 もりた : 2007年03月31日 20:58

コメントしてください




保存しますか?