« 両親でも使えるパソコンの探求(その1) | メイン | 両親でも使えるパソコンの探求(その2) »

2007年03月27日

災害と光回線インターネット電話

 25日に発生した“能登半島地震”は現在も余震が続いている
状態で、現地で災害に遭われた方は大変な思いをされている
ことと、お察しいたします。
 
 ライフラインの状況は、電気は当初16万戸が停電したそうですが、
数分後には復旧したそうです。水道は5,000戸以上が現在も断水
が続いている状況とのことです。
 一方、電話は地震発生直後から繋がりにくい状況が続いたようですが
NTT西日本の災害用伝言ダイヤル171の開設等の対応により、
大きな混乱はなかったようです。
 
 
 地震等による災害時は、電話が繋がりにくいだけでなく、
停電によって電話が使えなくなることがあります。

 最近はインターネット回線を引いているご家庭が多く、
電話機だけでなくモデムやルータなど電源から電力供給を
必要とする機器が多いためです。
 
 特に以下に述べるように、
光回線による電話サービスを使用している場合」は
注意が必要です。
 
 
■ インターネットを使用していない場合
 
  今ほとんどのご家庭の電話機は、電源からの電力供給
 を必要としますので、停電時は電話が使えません。
 
  しかし、電源からの電力供給を必要としないシンプル
 電話機を用意しておけば、停電時でも電話が使えます。
通話のみ可能なシンプルな電話機
 電話の発信・受信、通話のみ可能なシンプルな電話機を
用意しておくと、災害時に役立つ。(留守電、FAXなど
多機能な電話機ではなく。)
 
 (電力は電話機コード(モジュラーコード)から供給される
  ため電話機コードを差し込むだけで、通話ができるのです。
  もちろん電話網が障害なく正常に稼動している場合です。)
一番右側が電話機コードの差込口
 この電話機には電源コードがありません。電話機コードを
差込口(一番右側)に挿すだけで電力が供給され
使用可能になります。

  
■ ADSL回線
 
 ● IP電話を使用している場合
 
   「インターネットを使用していない場合」と同様に
  電話機コードからの電力供給だけで機能する
  シンプルな電話機に限り、電話の使用が可能です。
 
   IP電話(050で始まる電話番号)による発信・受信は
  出来ませんが、本来の固定電話番号(東京なら03、
  石川県なら076)による発信・受信は出来ます。
 
   停電によりモデムに電源が供給(通電)されていなくても
  可能です。これは電話信号がモデム内をスルー(無条件に通過)
  しているためです。
 
 ● IP電話を使用していない場合
 
   「インターネットを使用していない場合」と同様に
  電話機コードからの電力供給だけで機能する
  シンプルな電話機に限り、電話の使用が可能です。
 
   通常通り固定電話番号(東京なら03、石川県なら076)
  による発信・受信が可能です。(050で始まる電話番号(IP電話)
  はもともとお持ちになっていません。)
 
   停電によりモデムに電源が供給(通電)されていなくても
  可能です。これは電話信号がモデム内をスルー(無条件に通過)
  しているためです。
 
 
■ 光回線
 
  回線接続業者(NTT東日本、NTT西日本、KDDIなど)が提供している
 光回線による電話サービス(下記)を利用している場合と
 インターネット接続サービスのみ利用している場合とで
 状況は異なります。
   NTT東日本、NTT西日本 ・・・ 「ひかり電話」
   KDDI ・・・ 「ひかりone電話サービス」
 
 
 ● 光回線による電話サービスを使用している場合
 
   電話は使用できません。
 
  (電話を使用するために回線接続業者が提供するモデムやルータ
   の使用が前提となります。これらの機器は電源からの電力供給
   を必要とします。)
 
 ● 光回線による電話サービスを使用してない場合
 
   この場合、別の手段により電話を使用しているケースが多いと
  推定されます。仮に通常の固定電話回線を利用している場合
  上記で述べた「インターネットを使用していない場合」と
  同様です。
 
 
 以上のように、「光回線による電話サービスを使用している場合」
災害等による停電時は電話が使用できない、ということを
憶えておいていただきたい、と思います。
 
 光回線によるインターネット接続サービスを新規契約する場合や
ADSL回線から移行する場合は、以上の点も考慮した上で
判断されるべきと、思います。
 予算が許す場合は、既存の固定電話回線の契約はそのまま残し
光回線による電話サービスを新たに契約する(新しい電話番号をもらう)
のがベストと思います。
 
 上記の方法が予算的に無理な場合は、NTTファシリティーズが
昨日提供開始したバックアップサービスなどを利用することも
ベターな方法であると思います。
最大30分程度ですが、バッテリーから電力を供給できます。
 ・停電時でもひかり電話が利用可能なバックアップサービスの提供を開始
  ~無停電電源装置(UPS)と4年間の保守をセットで提供~
  (NTTファシリティーズ:ニュースリリース)

 
 
--- 関連情報 ---
(1) ひかり電話(NTT東日本)関連記事 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 停電時でもひかり電話が利用可能なバックアップサービスの提供を開始~無停電電源装置(UPS)と4年間の保守をセットで提供~(NTTファシリティーズ:ニュースリリース)
(3) 災害用伝言ダイヤル171とWeb171 2007年3月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年03月27日 06:56 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/401

コメント

コメントしてください




保存しますか?