« 野球、サッカー、シンクロ、フィギュア、カーリング | メイン | 災害用伝言ダイヤル171とWeb171 »

2007年03月24日

安藤美姫選手優勝、浅田真央選手2位

 世界フィギュアスケート選手権2007(東京開催)は
安藤美姫選手が金メダル、浅田真央選手が銀メダルを
獲得しました。中野友加理選手は5位に入賞し
出場選手全員が6位以内という、すばらしい
結果でした。

 3年前のこの大会で荒川静香選手が優勝し、日本の
実力をあらためて示した頃から、女子フィギュアスケート
に注目して見るようになりました。
 
 昨日のショートプログラム終了時点で
1位キム・ヨナ選手(韓国)、2位安藤美姫選手、3位コストナー選手
(イタリア)、浅田真央選手は5位と出遅れていました。
 
 
 浅田真央選手は、昨日の失敗を受け、予想通り落ち着いた
ていねいな滑りをした結果、133.13点というハイスコアを
マークし、2位となりました。さすがは浅田選手です。
 
 韓国のキム・ヨナ選手は2つのジャンプで転倒するなど、
腰痛のためか精彩を欠きましたが、それでも2日間トータル
186.14のスコアで3位となりました。昨年トリノオリンピック
の金メダリスト 荒川静香選手の得点とほぼ同じ点数です。
(フィギュアスケートの場合、現在の採点方式では
異なる国際大会の点数比較がある程度可能と
なりました。)
 
 安藤美姫選手は昨日に続き、今日も落ち着いた演技を
見せ、見事金メダルを獲得しました。
 3選手の成績は次の通りです。
  
  優勝 安藤美姫選手(日本)  195.09  67.98  127.11
  2位  浅田真央選手(日本)  194.45  61.32  133.13
  3位  キム・ヨナ選手(韓国)  186.14  71.95  114.19
 
 この結果が示す通り、現在のフィギュアスケートの世界トップが
この3人であることを、あらためて証明する結果となりました。
 ・フィギュアスケート 2006年12月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 ・全日本フィギュアスケート選手権(3) 2006年12月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 
 
--- 関連情報 ---
(1) フィギュアスケート関連記事 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年03月24日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/395

コメント

コメントしてください




保存しますか?