« Windows Vistaへの移行方法 (2)移行の流れ(前編) | メイン | uhuru様「パソコンスクール旅日記」 »

2007年03月03日

BBCがYouTubeのパートナーに

 IT総合情報ポータル ITmediaによると、イギリス国営放送
イギリス放送協会(注1)
BBCとアメリカGoogle傘下のYouTubeは提携を
発表したとのことです。
YouTubeにBBCチャンネル登場(ITmedia News)

(注1) 国家の費用ではなく受信料によって運営されている
  ことから、“国営”には該当しないと判断し訂正しました。
  (2007年3月3日 もりた)。

--- 以下ITmediaの記事より引用 ---
  英BBCと米Google傘下のYouTubeは3月2日、提携を発表した。
 YouTubeサイト上にBBCブランドのチャンネルを設置し、BBCの
 ニュースクリップや人気番組のショートビデオなどのコンテンツ
 を配信する。(以下省略)
--- 以上ITmediaの記事より引用 ---

 
 
 個人ユーザによるテレビ録画映像の投稿問題(著作権侵害)
については、テレビメディアとYouTubeとの間で話し合いが
もたれ、YouTubeが対策に乗り出しています。
 今回のような動きは、テレビメディア側も受身一辺倒の姿勢
から、動画投稿サイトと積極的に提携する方向に転換し始めた
ことの表れと思われます。
 テレビメディアではありませんが、動画共有の仕組みを
マーケティングやプロモーションに利用する事例は、既に
以前から始まっていました。
「日本メガネ党 政見放送」 2006年10月2日 IT屋もりたの今時パソコン日記
東芝EMIが宇多田ヒカルのブログキャンペーンを開始 2007/2/14 TRIBAL MARKETING
 
 
 日本でも昨年からフジテレビが子会社「フジテレビラボLLC」
を通して動画投稿サイトワッチミー!TVの運営に参入しています。
個人ユーザーが自ら撮影した動画を投稿できることはもちろん、
フジテレビラボが編集に関与した(いわばプロが制作した)コン
テンツも掲載されていることがこのサイトの特徴です。
 テレビ局として個人による動画投稿とどう付き合っていくか、
というノウハウをワッチミー!TVは蓄積しつつあるのではないか、
と思います。
 私見ですが、英国BBCとYouTubeとの提携という今回の動きを
受けて、日本のテレビメディアも、早急な決断を迫られるのでは
ないか
と思います。
 
 
 ところで今回のニュースは最初、携帯電話(au)のEZニュース
フラッシュ
を見て知りました。情報源・発信日時は朝日新聞で、
3月3日12時13分となっています。
 その後いつも拝読しているKilimanjaroさんのブログ(メディア・パブ
にも同じ話題が書かれているのを見て、投稿することにしました。
英BBCもYouTubeのパートナーに 2007年3月3日 メディア・パブ
 さらにその後、冒頭に述べたITmediaの記事で内容を確認した、
という順序です。(ITmediaの記事の発信日時は、“2007年03月03日
07時53分 更新”とあります。)
 
 携帯電話(知る) → ブログ(読む) → ネットメディア(確認) → 投稿
という順番です。
 
 携帯電話を変えてから、ニュースとの遭遇が携帯電話から始まるケース
が増えました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) YouTube「From BBC Worldwide」チャンネル
(2) YouTube「From the BBC」チャンネル
(3) BBC
(4) ワッチミー!TV
(5) KDDI au: 便利ツール > EZニュースフラッシュ
(6) 「日本メガネ党 政見放送」 2006年10月2日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 新しい携帯電話 2006年12月22日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) 「CGM時代のバイラルマーケティング」(2) 2007年2月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年03月03日 16:34 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/355

コメント

コメントしてください




保存しますか?