« 高橋孝ファーストコンサート「今日という日を…」 | メイン | 「売上がアップする文章作成講座」 »

2007年02月05日

初午

 今日は初午(はつうま)でした。
稲荷様稲荷様にお供えした食事(手前真ん中左が'すみつかれ')

 初午とは農家の年中行事の1つで、2月最初の午の日に
行なわれます。農家にとって仕事始めの日です。
 
 写真のように酒と食事の御膳を稲荷様に上げます。
(稲荷様は農業の神様であり、農家には小さな稲荷様が祭ってある
場合が多いのです。私の家にも稲荷様があります。)
 
 私どもの地方(埼玉県南東部)では、
  あずき飯、油揚げ、油揚げの味噌汁、すみつかれ
などを作ります。
 
 ・あずき飯(あずきご飯)・・・その名の通り、あずき(小豆)の
   入ったご飯です。赤飯とは違います。赤飯はもち米で炊きますが
   あずき飯は普通の米(うるち米)で炊いたご飯です。
 
 ・油揚げ、油揚げの味噌汁・・・稲荷様のお使いであるキツネの
   好物・油揚げは、お供え物として欠かせません。
 
 ・すみつかれ・・・大根おろしに大豆を混ぜて作ります。私どもの
   地方では、醤油・砂糖で味付けします。節分で撒いた大豆も
   入れます。(我が家だけかな?)
 
 稲荷様に上げるだけでなく、自分たちも食べます。あずき飯にしても
すみつかれにしても、農家の食事は健康的で日本人に合っている
と、最近つくづく感じています。
  
 
--- 関連情報 ---
(1) 笠間稲荷神社
(2) 埼玉県ホームページ-県産農産物料理集-2月の料理

投稿者 もりた : 2007年02月05日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/341

コメント

コメントしてください




保存しますか?