« Windows Vistaへの移行方法 (1)移行のポイント | メイン | 「CGM時代のバイラルマーケティング」(2) »

2007年02月23日

「CGM時代のバイラルマーケティング」(1)

 インプレスR&Dネットイヤーグループの主催による
インターネットマーケティング最新動向&技術セミナー
2007の第5回「CGM時代のバイラルマーケティング」
参加しました。
 
 バイラルマーケティング(Viral Marketing)は、いわゆる
クチコミ・マーケティングと言われていますが、CGM、中でも
ブログなどを利用してクチコミ的に行なうマーケティング手法
と捉えられています。
 
 私は広告に詳しくありませんが、大変面白く有意義な内容
でした(本当です(笑))ので、断片的ながらご紹介いたします。

 この日は、第1部が講演、第2部がパネル・ディスカッション
という構成で、午後6時過ぎから始まって、3時間という長時間
にもかかわらず50名ほどの参加者でした。広告、Web制作関連
の業界の方が多かったようです。
 
 
■ 第1部 講演『時代がバイラルマーケティングを求める理由とその展望』
 
● 第1部の講師を務めた株式会社マーヴェリックメディア
 ジャパン
代表取締役社長 池田紀行氏は、クチコミのメリット
 として、2つ挙げていらっしゃいました。
  1つは、クチコミはマスコミに比べて信憑性が高い、
 その理由として企業との利害関係が無い、ということ。
  もう1つは、体験価値の提供(表現)がブログ等の方が
 マスコミに比べて伝わりやすい、ということです。
 
● また当初、広告業界では「クチコミ 対 広告」という
 捉え方をされることが多かったが、最近は
 クチコミと広告をいかに組合わせて良い効果を得るか
 と捉える向きが多くなり、池田氏もこれが正解である
 と力説されていたのが印象的でした。
 
● 広告について門外漢である私では限界がありますので、
 講演の中で挙げていらっしゃったキーワードのみ列挙
 いたします。
 
  WOM(Word of Mouth)
  WOM Marketing
  Viral Marketing
  Buzz Marketing
  ストーリー × テリング
  Viral Movie
  Viral Promotion
  Seeding

 
● 第1部の最後の方でお話された、現状認識との大きな
 ギャップ = クチコミの原動力だ
 という言葉も印象に残りました。(商品やブランドが世の中
 に与える「ギャップ」)
 
 
以降、続きは次のエントリーに掲載します。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「CGM時代のバイラルマーケティング」(2) 2007年2月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年02月23日 17:25 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/350

コメント

コメントしてください




保存しますか?