« 小椋佳コンサート | メイン | 初辰 »

2007年01月08日

成田山新勝寺と宗吾霊堂

 毎年恒例の初詣に成田山新勝寺へ参拝してきました。
成田山新勝寺成田山新勝寺

 朝6時30分に車で家を出て、8時30分頃到着しました。
例年通り護摩祈祷(商売繁盛)を祈願し、護摩札を頂いて
まいりました。
 
 
 帰りに宗吾霊堂にもお参りして来ました。ここは新勝寺から
4キロほど離れたところにあり、新勝寺へ初詣の度にいつも
通り過ぎていました。
宗吾霊堂宗吾霊(御墓)
 宗吾とは江戸時代初期、過酷な年貢に苦しむ農民に代わって
将軍に直訴し処刑された佐倉藩の名主、佐倉宗吾(佐倉惣五郎)
のことで、義民宗吾とも呼ばれています。実の名は木内惣五郎と
いうそうです。
 佐倉宗吾のことは名前くらいは聞いたことがありましたが
詳しくは知りませんでした。今日は境内にある「宗吾御一代記館」
と「宗吾霊宝殿」を拝観し直訴に至るいきさつなどを初めて
知りました。
'雪の子別れ'の名場面が描かれている「宗吾御一代記館」入場券
 
 佐倉(注1)は巨人の長嶋茂雄名誉監督の出身地として有名ですが、
女子マラソンの小出義雄監督の出身地でもあります。
リクルート、積水化学の監督時代はこの辺りを練習場としていた
ようです。(現在指導されている佐倉アスリート倶楽部でも佐倉を
主な練習場とされているようです。)

 積水化学時代の高橋尚子選手も、毎年ここ宗吾霊堂に参拝に
来ている映像がテレビで報じられたことを憶えています。
(しかもジョギング姿で!
 「宗吾霊宝殿」には高橋選手の「シドニーオリンピック優勝祈願
と「ベルリンマラソンでの世界記録更新祈願」の護摩札も
飾られていました。
(注1) 宗吾霊堂は現在の行政区分けでは成田市に属します。(住所は成田市宗吾)
佐倉市と成田市は隣接し、東京から来ると佐倉市が成田市の手前になります。

投稿者 もりた : 2007年01月08日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/326

コメント

コメントしてください




保存しますか?