« 全日本フィギュアスケート選手権(2) | メイン | 「ケータイ白書2007」 »

2006年12月29日

全日本フィギュアスケート選手権(3)

 消防団の歳末特別警戒も残すところあと1日となりました。
今晩は昨晩に続き当番になり、先程帰宅したところです。
 
 
■ 浅田選手が優勝、2位安藤、3位中野
 
  連日のフィギュアスケート・ネタで恐縮ですが、本日も
 昨日に続き全日本フィギュアスケート選手権大会 女子シングル
 の試合をテレビで見ました。

  今日はフリースケーティングフリースタイル(注1)が行なわれ、昨日の上位6選手が
 最後に登場しました。その結果、次のような順位となりました。
 (SP:ショートプログラム、FS:フリースケーティングフリースタイル(注1)
  カッコ内はSP、FSそれぞれの順位です。)
                TOTAL   SP      FS
 1位 浅田真央選手  211.76  71.14 (1)  140.62 (1)
 2位 安藤美姫選手  185.65  69.50 (2)  116.15 (3)
 3位 中野友加里選手 179.72  63.34 (3)  116.38 (2)
 4位 村主章枝選手  172.56  55.56 (5)  114.00 (4)
 5位 恩田美栄選手  163.30  58.62 (4)  104.68 (5)
 
(注1) "フリースタイル"は誤りです。"フリースケーティング"に訂正しました。(2006/12/30 もりた)
 
■ やはり強かった上位5選手
 
  浅田選手は200点超えをしたい、という宣言どおりノーミスで
 200点を遥かに超える得点でした。国際大会ではないので参考記録
 だそうですが、驚異的な点数で他を寄せつけない文句無しの圧勝
 でした。
 
  安藤選手は着地に失敗し手をついた際、"肩が抜ける"アクシデント
 に見舞われ、痛みと戦いながらの演技となりました。途中で演技を
 止めかけましたが、なんとか最後まで滑り抜き2位を死守しました。
 
  中野選手も最初のジャンプで転倒しましたが、その後は普段の演技を
 取り戻し、3位に入りました。本日のフリースケーティングフリースタイル(注1)だけの得点で
 比較すると、安藤選手を上回る2位という成績でした。
 
  村主選手は2度のジャンプが失敗に終り、4位という結果に
 終りました。10年間この全日本選手権で常に3位以内という
 成績を残してきましたが、今回は残念な結果となりました。
 
  恩田選手は引退を覚悟して望んだ試合でしたが、本人が納得する
 演技が出来なかったようです。「今後については?」という
 インタビュアーの質問に対して、「家族で話し合って決めたい」と
 答えていました。
 
 
■ 来年の世界選手権代表決定
 
  そのほかの選手では澤田亜紀選手、武田奈也選手がよいパフォーマンスを
 見せ、それぞれ6位、7位に入りました。
 
  太田由希奈選手は残念ながらミスを連発し、期待した結果には
 なりませんでした。2年半のブランクから復帰した、これからが
 楽しみな選手です。
 
  以上の結果、来年3月に東京で開催される世界選手権大会の代表は
 女子シングルが浅田真央、安藤美姫、中野友加里の3選手、
 男子シングルが高橋大輔、織田信成両選手、
 アイスダンスの渡辺心木戸章之

 となりました。
 
  今大会は自己ベストを更新する選手が相次ぎ、高得点が
 続出しましたが、個人的にはやや採点が甘いのではないかな、
 と思いました。
 
 
■ フィギュア王国「名古屋」
 
  ところで今大会が開催された場所は名古屋市総合体育館ですが、
 上位入賞者、というよりも出場者の大半も名古屋または愛知県出身者
 です。全日本選手権大会というよりも「名古屋」という""の選手権大会と
 間違えるほど、名古屋はフィギュア王国です。
  優秀な選手、コーチが自然に集まり、最良の育成環境が出来ている
 感じがします。産業界やビジネスの世界にもよいお手本となる
 のではないか、と思います。

投稿者 もりた : 2006年12月29日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/316

コメント

コメントしてください




保存しますか?