« 全日本フィギュアスケート選手権 | メイン | 全日本フィギュアスケート選手権(3) »

2006年12月29日

全日本フィギュアスケート選手権(2)

 全日本フィギュアスケート選手権大会が開幕しました。
 
 男子シングルは、事前の予想通り高橋大輔、織田信成 両選手の
争いになり、優勝は高橋選手、織田選手が2位という結果になりました。

 
■ 注目の女子シングル
 
  一方注目の女子は事前の予想通り、上位5選手がいずれも昨年の
 この大会の上位6位以内に入った選手という結果でした。
  現段階ではショートプログラムを終った段階ですが、順位は次の
 通りです。(数字は昨日のショートプログラムの得点)
   1位 浅田真央選手  71.14
   2位 安藤美姫選手  69.50
   3位 中野友加里選手 63.34
   4位 恩田美栄選手  58.62
   5位 村主章枝選手  55.56
 
  1位浅田、2位安藤 両選手は3回転-3回転のコンビネーション
 ジャンプを決めたうえに、ノーミスですばらしい出来でした。
  3位中野選手もグランプリシリーズ最終戦のNHK杯の時とは
 打って変わって非常にすばらしい出来でした。
  3人とも得点はパーソナルベスト(自己ベスト)を更新しました。
 
  4位恩田選手はミスは無かったものの、インタビューで本人が
 語ったようにステップが思い通りの出来ではなかったようです。
  村主選手はジャンプのミスがあり、5位に終りました。
 
 
■ 予想を超える熾烈な戦い
 
  昨年は今回の上位5選手に、トリノオリンピック金メダリストの
 荒川静香選手(プロに転向)を加えた6選手がいずれも170点以上
 という史上稀にみるハイレベルな戦いでした。
  昨年の得点(ショートプログラム、フリースケーティングフリースタイル(注1)の合計)は
 次の通りでした。(注1) "フリースタイル"は誤りです。
"フリースケーティング"に訂正しました。(2006/12/30 もりた)

   1位 村主章枝選手  194.16
   2位 浅田真央選手  188.10
   3位 荒川静香選手  187.36
   4位 恩田美栄選手  186.06
   5位 中野友加里選手 175.66
   6位 安藤美姫選手  173.36
 
  このうち今大会も出場している5選手はこの1年でそれぞれ一段と
 成長しているため、今年もハイレベルな大会になることは容易に想像
 できました。しかし、ここまで熾烈な争いになるとは正直、思っていま
 せんでした。
  
  その原因の第一は、この5選手がこの一年間で技術的にも精神的にも
 大きくレベルアップしたことだと思います。特に1位から3位になった
 浅田、安藤、中野の3選手は昨年とは大きく変わったという印象を持ち
 ました。各選手およびコーチの努力に感服します。
 
 
■ 日本女子フィギュアスケート界の層の厚さ
 
  昨年とは違った意味で歴史に残る大会になったと思います。上記の
 理由(昨年出場した選手がレベルアップしてそのまま上位を占めたこと)
 に加えて、この5選手に続く選手も続々と登場していることがもう1つの
 理由であることを、テレビを見ていて感じました。
 
  6位以下の順位は次の通りです。
   6位 浅田 舞選手  55.56
   7位 太田由希奈選手 54.46
   8位 澤田亜紀選手  52.90
   9位 武田奈也選手  51.78
  10位 水津瑠美選手  51.10
  11位 鈴木明子選手  48.72
  12位 曾根美樹選手  48.14
 
  6位の浅田舞選手は今シーズン グランプリシリーズにも出場し
 実力は上がっていると思っていましたが、ここまでよい結果を出すとは
 思いませんでした。
 
 
■ 太田由希奈選手に驚く
 
  7位の太田由希奈選手は初めて知りました。かつて四大陸フィギュア
 スケート選手権で優勝した実力の持ち主ということです。ケガのため
 2年半の間、競技から遠ざかっていたそうです。今大会は予選(地方
 ブロック大会)から勝ち上がって、3年ぶりに全日本出場を果たした
 ようです。テレビを見ていて、この選手が最もサプライズでした。
  未だ試合慣れしていないためスピード感は有りませんが、実力の高さ
 を感じました。国際試合を何試合かこなせば上位に食い込んでくる、
 という印象を持ちました。
 
  女子ではこの大会で1位から3位になった選手が、来年日本で開催
 される世界選手権への出場権を獲得します。(男子は上位2名)
  しかし、レベルの接近した選手がこんなにもひしめく状況では
 3位はおろか、6位に入るのも至難の技、それほど熾烈な戦いです。
 
  昨年はオリンピック出場権を賭けて、二度と見られないハイレベル
 な戦いが繰り広げられましたが、今年も昨年に劣らず、歴史に残る
 大会になりました。
 
 
  女子は本日フリースケーティングフリースタイル(注1)が行なわれ、決着が付きます。とても
 楽しみです。フジテレビ系列で、放送されます。
 
   12月29日(金) 18:30 ~ 20:54 女子シングル フリースケーティングフリースタイル(注1)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 全日本フィギュアスケート選手権 2006年12月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年12月29日 01:12 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/315

コメント

コメントしてください




保存しますか?