« 新しい携帯電話 | メイン | 草取り »

2006年12月23日

大泊消防団 歳末特別警戒

 一昨日(12月21日)から12月30日まで、大泊消防団では
歳末特別警戒を実施しています。夜9時から12時の間に
消防自動車で管轄区域を巡回します。先程終って帰宅した
所です。
 私は、今年で25年目になります。

 
■ 大泊地区
 
  私たちの部(越谷市消防団 桜井分団第4部:通称「大泊消防団」)
 の管轄は大泊地区です。
  
  ここで「大泊(おおどまり)」という地域について説明します。
 住所は「埼玉県越谷市大泊XXX」(XXXは番地)です。「大泊」は
 住所の一部になっています。
 
  越谷市の前身である越谷町は、昭和29年に次の10町村が合併して
 誕生しました。
 (北から順に)
      桜井村(さくらい)
      新方村(にいがた)
      大袋村(おおぶくろ)
      荻島村(おぎしま)
      増林村(ましばやし)
      大沢町(おおさわ)
      越ヶ谷町(こしがや)
      出羽村(でわ)
      大相模村(おおさがみ)
      蒲生村(がもう)
  ちなみに、この頃の住所は「埼玉県南埼玉郡桜井村大泊XXX」
 などと表記しました。
   
  桜井村は、さらにその昔(明治の初め頃)、次の5つの村が
 合併して生まれました。
 (南から順に)
      大里村(おおざと)
      下間久里村(しもまくり)
      上間久里村(かみまくり)
      大泊村(おおどまり)
      平方村(ひらかた)
 
 
■ 「大泊」という地名の由来
 
  「大泊」という地名の由来については、以前の記事でご紹介しました
 ここに再度掲載します。
 
   ● 大泊および安國寺という名称の由来
 
    源氏の武将であった熊谷次郎直実が出家後、法然上人から
   譲られた阿弥陀如来像を持ち帰り、この地に安置したそうです。
   (1200年頃)
    その後、諸国行脚のとき当地を訪れた紀州国熊野大泊村安國寺の
   住職が、寺の荒廃を嘆き、康安元年(1361)寺院を建立したのが
   この寺の由来だそうです。
   (以上、越谷市観光協会 会長さんの作成された資料を引用させて
    いただきました。)

  
 以上「大泊安國寺と新方川・逆川緑道ハイキング(1)
 2006年11月3日 IT屋もりたの今時パソコン日記
」より、再掲載しました。
 
 
■ この地で、ずっと
 
  私はここ「大泊」で生まれ、育ちました。桜井小学校は母校です。
 そして今もこの地に住んでいます。消防団員として地域のために
 少しは役に立っているのかな、とも思っています。
  かつての農村地帯の風景は少なくなりましたが、水と緑のきれいな
 静かな所です。埼玉県には山も海も名物も無い、とよく言われますが
 住んでいる者としては、それこそが埼玉県のいい所なのです。
 
  縁あって、この越谷に移って来られた方とともに、これからも
 この地で生きて行ければ、と思っています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 大泊安國寺と新方川・逆川緑道ハイキング(1) 2006年11月3日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 消防団 特別点検 2006年11月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年12月23日 00:41 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/309

コメント

コメントしてください




保存しますか?