« テレビ埼玉「いきいき越谷」 | メイン | 3万ドル倶楽部 鈴木大吉先生をサポート »

2006年12月17日

フィギュアスケート

 フィギュアスケート グランプリ・ファイナルで日本男子は
髙橋大輔選手が銀メダル、織田信成選手が銅メダルを獲得
しました。

 髙橋選手は体調不良の為、ふらふらになりながら最後まで
演技しての2位、織田選手も前日の失敗を挽回し3位に
入りました。2人とも着実にレベルアップしているのが
わかります。
 
 一方女子は、ショートプログラムで浅田真央選手が1位、
安藤美姫選手が2位と好スタートを切ったものの、
両選手ともフリーで実力を発揮できず、浅田選手が銀メダル、
安藤選手は残念ながら5位に終りました。
 金メダルは韓国のキム・ヨナ選手、また村主章枝選手は4位
という成績でした。
 今シーズン、浅田・安藤両選手とも好調だっただけに残念な
結果でした。しかし試合後のインタビューでは、落胆することなく
何処が悪かったか、何処を修正すべきかを的確に答えていたのを
聞いて、成長を感じました。
 
 
 12月27日(水)から29日(金)には、全日本選手権が開かれます。
女子はグランプリファイナルに出場した浅田、村主、安藤の
各選手に加えて、恩田美栄選手、中野友加里選手、浅田舞選手、
澤田亜紀選手らが参戦します。
 特に浅田、村主、安藤、恩田、中野の5選手は全員が170点台
を出せる実力の持ち主
で、誰が優勝してもおかしくありません。
昨年はこの5選手に加えて、オリンピックで金メダルを獲得した
荒川静香選手を加えた6選手による、史上稀に見るハイレベルな
大会でした。
 プロに転向した荒川選手を除く5人は、この1年でぞれぞれ成長を
見せており、今年も昨年に続き後世語り継がれる大会になるのでは
ないかと、今からワクワクしています。
 また今シーズンでの引退を表明している恩田選手が、どんな演技を
見せてくれるか期待しています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 安藤美姫選手 グランプリファイナル出場権獲得 2006年11月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 浅田真央選手 史上最高得点で優勝 2006年12月2日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 週末テレビ三昧 2006年12月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年12月17日 21:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/306

コメント

コメントしてください




保存しますか?