« こしがや産業フェスタ2006 1日目終了 | メイン | こしがや産業フェスタ2006 2日目 »

2006年12月02日

浅田真央選手 史上最高得点で優勝

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦NHK杯で
浅田真央選手が優勝しました。2位村主章枝選手、
3位中野友加里選手で、日本選手が表彰台を独占しました。
 
  この結果浅田真央選手は昨年に続きグランプリファイナル
 への出場権を得ました。同じく村主章枝選手もグランプリ
 ファイナル進出を決めました。

 
■ 史上最高得点
 
  この大会の浅田選手の得点は199.52(ショートプログラム69.5、
 フリー130.02)で、現在の採点方式になってからの最高得点
 だそうです。今までの記録は、ロシアのスルツカヤ選手の198.06
 ということです。
 
  昨日のショートプログラム、今日のフリーと浅田選手の演技を
 テレビで観ていましたが、昨年と比べて強くなったなぁという印象を
 持ちました。
 
  昨日の演技後のインタビューで今シーズン第1戦(3位)の時と
 比べてあまりよくない、と言っていました。しかし得点は
 自己最高点でした。このような時は力がついてきた、証拠です。
 
 
■ グランプリファイナル、日本選手権
 
  グランプリファイナルはグランプリシリーズの成績を基に
 世界で上位6名のみ出場できる大会です。
  日本からは安藤美姫、浅田真央、村主章枝の3選手が出場します。
 2年連続3名の日本人が出場することからも、日本のレベルの高さが
 分かると思います。
  
  ここにきて安藤、浅田選手が絶好調になってきましたので、
 活躍が楽しみです。
 
  それ以上に楽しみなのが12月27日~29日に開催される全日本選手権です。
 昨年のこの大会は、トリノオリンピック代表の最終選考の大会となった
 ために、史上稀に見るハイレベルな大会でした。結果的には浅田選手
 (ジュニアのためオリンピックには出場できませんでしたが)が優勝しましたが

 (注: "浅田選手が優勝"とした記述は誤りでした。以下のように訂正しました。(2006/12/30 もりた))
 試合結果は村主選手が優勝、2位・浅田選手、3位・荒川静香選手
 でした。

 上位6名いずれの選手もミスの無い戦いは、歴史に残るもので二度と
 見ることが出来ないと思っていました。
  今年は昨年ほどではないものの、安藤、浅田、村主、恩田美栄、中野
 各選手によるハイレベルな戦いが期待されます。
 
  現在、日本の女子フィギュアスケートのレベルは、世界一ではないかと
 思います。かつての男子体操のように、国内選手だけの大会で世界レベルの
 競技が見られるのは、最近では女子マラソンと女子フィギュアスケートくらい
 ではないかと思っています。
  歴史に残る大会を見逃さないようにしたいと思っています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 安藤美姫選手 グランプリファイナル出場権獲得 2006年11月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年12月02日 22:47 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/291

コメント

コメントしてください




保存しますか?