« the Microsoft Conference 2006 1日目(1) ~ Windows Vista導入に伴う業務への悪影響 ~ | メイン | the Microsoft Conference 2006 1日目(3) ~ IE7導入に伴う業務への悪影響 ~ »

2006年11月16日

the Microsoft Conference 2006 1日目(2) ~ 2007 Office system導入に伴う業務への悪影響 ~

 the Microsoft Conference 2006 1日目ご報告の2回目
です。
 
 ・the Microsoft Conference 2006 1日目(1) ~ Windows Vista導入に伴う業務への悪影響 ~
 ・the Microsoft Conference 2006 1日目(2) ~ 2007 Office system導入に伴う業務への悪影響 ~
 ・the Microsoft Conference 2006 1日目(3) ~ IE7導入に伴う業務への悪影響 ~

 
■ Office 2003 から 2007 Office systemへの変更の悪影響
  
  ユーザインターフェイス、およびファイルフォーマット
 この2つの変更により、「企業」における移行の進め方によっては
 業務への悪影響大きい、と思われます。

  
  マイクロソフト社の担当者の講演(クライアント編)によると、
 変更のポイントは次の4つということです。
  
  ・結果指向のユーザーインターフェイス
  ・グラフィックエンジンの全面的な刷新
  ・サーバー製品群との強力な連携
  ・オープンなXMLファイルフォーマット
   
  このうち「結果指向のユーザーインターフェイス」と
 「オープンなXMLファイルフォーマット」については、
 変更自体の大きさも、「企業」の業務に対する悪影響も非常に大きい、
 という印象を持ちました。
  「グラフィックエンジンの全面的な刷新」と
 「サーバー製品群との強力な連携」については、ユーザにとっては
 歓迎すべき変更と思います。
   
  「結果指向のユーザーインターフェイス」に伴う変更については、
 個人差があり私自身も試していませんので何とも言えませんが、
 慣れる迄、数日から数週間程度の時間を要すると、思われます。
  しかしユーザの声を元に改善した結果ということですので、
 時間が解決するものと思われます。
   
  「オープンなXMLファイルフォーマット」については、簡単に言うと
 WordやExcelなどのファイル形式の変更が行われました。
 (PowerPoint、Accessなど(注1)も)
 (注1) 「オープンなXMLファイルフォーマット」への変更の対象となったソフトは
  Word、Excel、PowerPointです。Accessはその対象ではありません。
  誤りを訂正しました。(2006年11月23日 もりた)

  デフォルトの保存形式が、従来の形式からXMLをベースとした形式に
 変更されました。例えばWord2007で作成しデフォルト形式で保存した
 ファイルは、Word2003ではオープンできません。(Word2007で作成し
 Word2003形式として保存することも可能で、その場合はWord2003で
 オープン可能です。)
  導入前の社内教育の実施、運用方法の周知徹底など、「企業」における
 IT教育の体制、管理能力が問われる
のではないか、と思われます。
 
 
 次の記事へ続きます。
 ・the Microsoft Conference 2006 1日目(3) ~ IE7導入に伴う業務への悪影響 ~
 
 
--- 関連情報 ---
(1) the Microsoft Conference 2006 1日目(1) ~ Windows Vista導入に伴う業務への悪影響 ~ 2006年11月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) the Microsoft Conference 2006 1日目(3) ~ IE7導入に伴う業務への悪影響 ~ 2006年11月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年11月16日 05:29 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/267

コメント

コメントしてください




保存しますか?