« 東京国際女子マラソン | メイン | 購読しているブログからの話題 »

2006年11月19日

安藤美姫選手 グランプリファイナル出場権獲得

 昼間のマラソンに続いて、夜は女子フィギュアスケートを
テレビ観戦しました。
 
  フランスで開催されたフィギュアスケートのグランプリ
 シリーズ第4戦で日本の安藤美姫選手が韓国のキム・ヨナ選手
 に続く2位に輝き、キム・ヨナ選手とともにグランプリファイナル
 への出場権を獲得しました。

 
■ 復活を遂げた安藤選手
 
  安藤選手は第1戦のアメリカ大会での優勝に続く、今大会の
 2位でファイナル進出を見事勝ち取ったのです。
 
  昨季はトリノオリンピック代表に選ばれ出場したものの
 15位と振るいませんでした。後で骨折していたことが
 判明したが、一時は特別強化選手から強化選手に格下げという
 苦い経験をされたようです。
  
  今季は復活を遂げ、優勝、2位の成績やグランプリファイナル
 進出という結果は、見事です。練習を相当積んだのではないで
 しょうか。
 
 
■ 世界トップレベルの女子フィギュアスケート
 
  グランプリシリーズはフィギュアスケートシーズンである
 10月から12月にかけて、世界各地を転戦し各選手2戦ずつ
 出場し、そのうち上位6名のみがグランプリファイナルに
 進出して競うというものです。
 
  昨年は日本の浅田真央選手が15歳ながらグランプリファイナルに
 進出し、ロシアのスルツカヤ選手はじめとする世界の強豪を抑えて
 優勝しました。
  その後開催された日本選手権では、浅田真央選手を含む6選手が
 トリノオリンピック代表を賭けて戦い、浅田選手が優勝しました。
  浅田選手はジュニア(15歳以下)のためオリンピックに出場できません
 でしたが、スポーツ史上稀に見るハイレベルの大会だったと、
 記憶しています。
 
  女子マラソンと同様、女子フィギュアスケートもまた
世界で勝つより日本代表に選ばれることの方が難しい
 と言われるほど、レベルの高いスポーツとなりました。
  かつて渡辺絵美選手、伊藤みどり選手など限られた選手が
 世界レベルだったことはありますが、これほど多くの日本人選手が
 世界1位、2位を争うようになったことは隔世の感があります。
 
  この背景として、日本スケート協会による長期強化計画の成功が
 あります。そんな状況の中、幹部による協会資金の私的流用が判明
 したことは非常に残念です。既に新しい体制で再スタートしており、
 ファンの1人としてその動向に注目していきたいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) テレビ三昧の週末 2006年11月18日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 東京国際女子マラソン 2006年11月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年11月19日 22:52 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/272

コメント

コメントしてください




保存しますか?