« 江戸時代の地名 | メイン | 秋・2題 »

2006年11月01日

新・一葉記念館オープン

 本日、東京都台東区に一葉記念館がリニューアル・オープン
しました。

 
 以前は木造かと疑わせるような質素な2階建て
でしたが(それはそれで、一葉の人柄を偲ばせる
もので、とても良いと思いましたが)
地上3階、地下1階の立派な建物に生まれ変わり
ました。



 建物1階の外側は格子戸をイメージした
造りになっています。
 近代建築ながら室内に電気が灯ると
風情があります。


 建物の正面には小さな公園があり、
子供たちが遊んでいました。


 またこの建物は周囲の町並ととてもよくマッチして
いて、歩いてくるとそこにこんな建物があることに
気づかないほどです。

 館内は撮影禁止です。2階と3階に展示室が3つあり、
一葉自筆の小説の未定稿(原稿)や手紙などが展示
されています。
 当然ですが展示物は建替前と変わっていません。
一葉の書いた原稿手紙を、実際に見に来ていただき
たい
と思います。わずか24年という短い人生でありながら
小説はもとより、こんな上手な字を書き残したということに
驚かされます。
 
 なお閉館時間は午後4時30分(入館は午後4時まで)
と、意外に早いので注意が必要です。(月曜休館)
 ・台東区立 一葉記念館
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 台東区立 一葉記念館
(2) 一葉祭 2006年10月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年11月01日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/252

コメント

一葉記念館は、昔行ったことが・・・
自分が住んでいた、下町に樋口一葉が始めて知った時
ビックリ。。。

建て替えて、こんなに立派に感動です折をみて
訪ねてみたいと思います。
゜+o。((*^∀^))ニコッ。o+゜お

投稿者 ダーク : 2006年11月03日 11:56

 ダークさん、コメントありがとうございます。

 建物はとても立派になりました。
中に入ると、木のにおいが心地よく香ります。

 展示の中心は、一葉自筆の原稿や手紙だと
思いますが、祖父母(山梨県)の時代から
一葉の死後にいたるまでのいきさつが
展示されており、興味深く感じました。

 とても一度では読みきれないので、
何回か足を運びたいと思っています。

投稿者 もりた : 2006年11月03日 16:30

コメントしてください




保存しますか?