« フィードパス「第9回 Web Business Shuffle 2.0」開催案内 | メイン | 初心者向け会計セミナー&交流会 »

2006年11月08日

「Microsoft Community Ring Day」参加報告

 この前の日曜日(11月5日)東京・秋葉原の秋葉原コンベンションホール
(秋葉原ダイビル)で開催された「Microsoft Community Ring Day」に
参加しました。

■ 「Microsoft Community Ring」とは
 
  「Microsoft Community Ring」とは、本年8月29日に
 マイクロソフト株式会社が発表したIT技術者のコミュニティに
 対する支援策です。
  ・Windows(R)プラットフォームの技術者コミュニティの支援施策「Microsoft(R) Community Ring」を発表
 
  技術的なイベントでは珍しく日曜日に開催されたのも、
 営利目的ではないことをアピールする意図があったのかも
 しれません。そのせいか、マイクロソフトの社員の方の服装も
 ほとんどがカジュアルなものでした。
 
 
■ 「Microsoft Community Ring」の概要
 
  この日のイベントではいくつかの講演が行われました。
  
  先ず初めにマイクロソフト 執行役員の北川氏と、実際に
 「Microsoft Community Ring」の業務に携わっている舟越さん
 から、支援策の概要と具体的な活動内容の説明がありました。
 
  コミュニティ支援団体との協業、Microsoft Onによる
 出張ワークショップの提供をはじめとする勉強会の活性化策
 などが紹介されました。
  
  1つ意外だったことは、IT技術者のコミュニティに対する
 支援のみならず、一般のNPOとの連携も視野に入れている
 ことでした。
 
 
■ NPOに学ぶ
 
  いくつか行われた講演の中から、シーズ事務局長 松原 明氏
 による「NPOに学ぶコミュニティ運営 ~コミュニティ運営の基本と
 ITによる社会貢献~」と題するお話をお聞きしました。
 
  シーズとは「市民活動を支える制度をつくる会」で1994年に
 松原氏の呼びかけで発足した会だそうです。詳しくはホームページを
 ご覧下さい。
  ・シーズ=市民活動を支える制度をつくる会
 
  この講演では
  1.NPOの仕組み
  2.IT技術者の社会貢献

 について、ご説明していただきました。
  非常に解りやすく、とても有意義な時間を持つことが出来ました。
  
  具体的には
  ・コミュニティとは何か
  ・コミュニティと組織
  ・組織の仕組み、立ち上げる道すじ、役割分担、組織運営
  ・非営利組織で最も重要な、「目的の共有」について

  などについて教えていただきました。
 
  また多くのNPOにおいてITが判る人材に対するニーズが
 高まっている
こと、基礎スキルよりも活用や応用など中上級の
 ITスキルが期待されていること、等のご説明がありました。
 
  松原氏が最後におっしゃった
  「NPOに関わることは、楽しいこと
    いろいろな人と知り合って、自分の技術が評価されること(は楽しい)。」
 という言葉が印象的でした。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) Microsoft Community Ring発表: August 29, 2006 Yokohama, Japan
(2) Windows(R)プラットフォームの技術者コミュニティの支援施策「Microsoft(R) Community Ring」を発表
(3) シーズ=市民活動を支える制度をつくる会
(4) Microsoft On - 出張ワークショップ 最新技術を学ぶ
(5) 「Microsoft Community Ring Day」 2006年10月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年11月08日 00:43 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/257

コメント

コメントしてください




保存しますか?