« 「Microsoft Community Ring Day」 | メイン | Web2.0に関するセミナー情報 »

2006年10月15日

Windows Vista / 2007 Microsoft Office system ベータセミナー

 来年初めにも発売が予定されている「Windows Vista」と
次期MS Officeである「2007 Microsoft Office system」の
情報収集のため、マイクロソフトのセミナーに参加しました。
IT Pro道場併設 Windows Vista/2007 Microsoft Office system ベータセミナー(10月12日 東京)

 今後下記のスケジュールで順次開催されるようです。
 ・10月26日(木) 東京 (コース ID: CWIN-000803)
 ・11月 9日(木) 東京 (コース ID: CWIN-000804)
 ・11月21日(火) 大阪 (コース ID: CWIN-000805)
 
 
■ Windows Vista
 
  Windows Vistaの変更点は、モバイル、共同作業、セキュリティ
 の強化などですが、特にこの5年間で大きく変化したセキュリティ(脅威)
 環境への対応が目立ちます。
 
  Windows XPからの移行に与える影響は少なくありませんが
 次に述べるMicrosoft Office systemの変化による影響に
 比べれば、あまり大きくはありません。
 
 
■ 2007 Microsoft Office system
 
  Microsoft Office systemの新バージョンの名称です。
 今まではOffice 2000、Office XP、Office 2003等、年号が後ろに
 来ることが多かったのですが、新バージョンでは年号(2007)が
 前に来ています。
 
  それよりも内容ですが、2つの面で大きな変更があり
 現行バージョンから新バージョンの移行に伴う影響は、非常に
 大きいようです。
  具体的には次の2点の採用です。
 
 1.新しいユーザインターフェイス(UI)
 
   グラフィックエンジンを刷新し、その有用性をアピールするため
  UIに多くの変更・追加があります。追加と変更とでは影響度が
  異なりますが、私自身試していない段階ではどちらの側面が多いか
  分かりません。
   ベータ版を入手し評価した後、ご報告したいと思います。
 
 2.新しいファイルフォーマット
 
   新バージョンではファイルフォーマットが一新されました。
  Word、Excle、PowerPointいずれも、従来の独自フォーマットから
  XMLをベースとした形式に変更されます。
  
   もちろん互換性を保つために、新バージョンでも旧形式での
  保存は可能ですが、デフォルト(標準)はXML形式になります。
  
   これに伴い各アプリケーションで作成したファイルの拡張子は
  次のように変わります。
             旧      新
   Word     .doc    .docx
   Excel      .xls     .xlsx
   PowerPoint .ppt    .pptx

  (注1) 以上は各アプリの一部のファイル種別に関する情報に過ぎません。
    テンプレートファイルについても変更になります。
    また新バージョンでは、マクロ有効と無効でファイル拡張子が
    異なります。

  
   ファイルフォーマットの変更によって最も問題になりやすいのが
  新旧フォーマット混在環境でのファイル交換です。
   事業所内、企業内はもちろんのこと、企業間、組織間、組織と個人間
  などその組合わせは様々です。
   マイクロソフトからもいくつかのケースに分けた対応策が提示される
  ようですが、それぞれの組織に於いて正しく理解し周知徹底することは
  かなりの負担が予想されます。(私自身理解することは出来ましたが
  大きな組織での周知徹底は、かなりの混乱が伴うという印象を持ちました。)
  
  
本当にバージョンアップするのか?
 
  Windows VistaへのアップグレードではUIの変更はそれほどありませんが
 ユーザ企業独自に開発したアプリケーション・ソフトウェアの互換性の
 チェックが事前に必要になります。
  
  2007 Microsoft Office systemへのアップグレードでは、上で述べたように
 UIの変更(追加?)とファイル形式の変更と、どちらも利用者にとっては
 大きな負担です。
 
  個人的な利用の場合は、比較的バージョンアップしやすいと思います。
  
  ビジネス利用の場合は、自社にとってバージョンアップに伴う移行作業
 の負担、移行後の業務への影響・リスク、自社独自の業務の仕組みの
 再チェック等を行うことが必要と思われます。
  その上で、移行が本当に必要か否かの判断を行い、移行する/しないの
 決定を行う必要があります。移行のタイミング、段階的な移行などについても
 検討する必要があります。

投稿者 もりた : 2006年10月15日 00:29 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/234

コメント

どうもです(。・_・。)ノよろしく~お
個人としては、使いやすくなれば、宜しいのですが。。。
企業の場合は、なかなか難しい問題がでてきますね

次回のWindows Vistaを楽しみにしています。

投稿者 ダーク : 2006年10月15日 09:17

 ダークさん、コメントありがとうございます。

> 企業の場合は、なかなか難しい問題がでてきますね

 おっしゃる通りだと思います。
 ビジネス用途の場合は操作や表示がスマートになったか
ということよりも、各会社毎に異なる仕事の根幹に関わる
部分のソフトがVistaで動くかどうかが肝心です。
 またOfficeの操作方法が変わってしまうことは、
普通にパソコンを扱える人には大した問題ではなくても、
仕事でしかパソコンを操作しない方にとっては、
仕事の能率を左右する重要な問題です。

 大企業・中堅企業の場合は相談できるシステム関連会社
等があるので問題ありませんが、小さな会社や商店様では、
ご家族、友人・知人などに相談することが多くなるので
そういった点が解るか否かが重要になります。

投稿者 もりた : 2006年10月15日 11:44

コメントしてください




保存しますか?