« 「不思議の町 根津 ~ ひっそりとした都市空間」 | メイン | 一葉祭 »

2006年10月16日

Windows Vistaのインストール(1)

 Windows Vistaを評価するために、プレリリース版
(開発中のソフトウェア)を入手しインストールしました。
 
 先日のマイクロソフトのセミナーで頂いてきた評価版(注1)
DVDです。
 (注1) Windows Vista Relaease Candidate 1 (RC1) 日本語版

 DVDは32-bit(x86)用と
64-bit(x64)用があり、
今回は32-bit(x86)用を
インストールしました。

 
■ インストールするパソコンの調達
 
  手持ちのパソコンの中で、主にビデオの整理などに
 使用していて、業務に比較的支障のないパソコンに
 インストールすることにしました。
 
  インストールの方法には次の2通りがあります。
  
   1.Windows XPからのアップグレード・インストール
   2.クリーン・インストール(ハードディスクデータが
     全て消去される)
  
  ビデオ整理用とはいえ、今まで出来ていたことが出来なくなる
 のは困るので、1.の方法でVistaにアップグレードすることは
 避けました。
 
  しかし、現時点でもう一台新しいパソコンを購入するのは
 もったいない気もしました。
 
 
■ パソコンの追加購入ではなく便利な部品を調達
 
  そこで「ハードディスクのリムーバルケース」を
 使用することにしました。具体的にはラトックシステムの
 IDE-MDK1という部品を使用することにしました。
 
  この部品を使うと、IDE接続の内蔵ハードディスクが簡単に
 交換可能になります。カセットテープのように簡単に差し替える
 ことが出来ます。
  OS毎にトレイを用意して、それぞれのOSの入ったハードディスクを
 トレイに入れます。私の場合は2つのトレイを用意しました。
 現在使用している(Windows XPの入った)ハードディスクと、
 新たにインストールするWindows Vista用のハードディスクを
 入れるためです。
  Windows Vista用のハードディスク(250GB)も1つ購入しました。

  
  以上の部品代を全部足しても2万円弱ですので、パソコンを
 1台追加購入するよりはるかに低いコストで済みます。
 
 
■ リムーバルケースの装着手順
 
  以上のことが可能なのは、ある程度の大きさ以上のデスクトップ
 パソコンになります。5インチベイというハードディスクや
 DVDドライブなどを収める枠があり、パソコンの前面に開放口を
 設けられるものになります。
 
 (1) 先ずリムーバルケースを、この5インチベイに装着します。
  
 (2) 次にハードディスクをリムーバルケース専用のトレイに入れます。
  このときハードディスクの設定をMasterにしておく必要があります。

 
 (3) パソコンの電源を入れる前に、使用するOSの入ったトレイを
  リムーバルケースに挿入して、鍵をかけます。その後パソコンの
  電源を入れます。


   Windows XPの入ったトレイを挿入すれば今迄通りのWindows XPが
  起動します。(ソフト的には何も変わっていないので、当然ですが)
 
 
 さてWindows Vistaの実際のインストールについては、次回以降
ご報告させていただきます。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) ラトックシステム株式会社
(2) Windows Vista / 2007 Microsoft Office system ベータセミナー 2006年10月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年10月16日 02:15 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/239

コメント

コメントしてください




保存しますか?