« 越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(2) | メイン | 新・一葉記念館オープン »

2006年10月30日

江戸時代の地名

 一昨日参加させていただいた越谷史跡めぐり
~野島・三野宮~
で野島浄山寺(野島地蔵尊)を
見学させていただきました。

 そこで見た永代油資寄附碑に
刻まれている寄附者の住所に
興味を覚えました。

 
■ 現在も残っている江戸時代の地名
 
  石碑には寄附者の所、名前が刻まれています。
 よく見ると、現在でも想像できる地名がいくつか
 有ったので、少し調べて見ました。
 
  なお以下は私の勝手な想像で記述しており、真実か
 否かの確認・検証等は一切行っていないことを
 ご理解ください。
 
 
 - 凡例 -
    (1) それぞれ写真の右から順に記述しています。
    (2) 実物は縦書きですが、インターネットの都合上
      横書きで表記します。
    (3) 左側は実物を見て私が理解した文字です。
      ■は私が理解できなかった文字です。
    (4) 右側のカッコ内は私が勝手に想像する現在の地名です。
    (5) (注1)、(注2)、・・・は私のコメントです。

    
写真1


   下サ木ツ■村   (注1) 下サは下総か?
   
   上サ五井岩サキ (千葉県市原市五井、市原市岩崎)
    (注2) 上サは上総か?
   
   武サシ黒須村  (埼玉県入間市黒須?)
    (注3) 私の高校時代の同級生に埼玉県南埼玉郡白岡町の黒須君という
       人がいます。したがって埼玉県東南部の地名かとも思いましたが
       埼玉県西部に上記の地名のみ見つけました。

       
   同■寄村    (埼玉県北埼玉郡大利根町琴寄)
    (注4) 読めない文字は「琴(こと)」と解釈しました。
    
   同粕カベ    (埼玉県春日部市粕壁)
    (注5)「かすかべ」は私が子供の頃は「粕壁」と書いていました。
      現在使われている「春日部」はたしか当て字だったと思います。

      
   同■手宿    (埼玉県幸手市)
    (注6) 読めない文字は「幸」と解釈しました。写真3の幸手在八甫村
       の「幸」と比べると判りますが、「幸」の上部が消えて
       いるのではないか、と思われます。

    
写真2


   ハトヶ谷里村  (埼玉県鳩ヶ谷市里)
   
   ヒ■エ村     (埼玉県三郷市彦江)
    (注7) 読めない文字は「コ」と解釈しました。「ロ」、「コ」いずれ
       にも見えますが、「コ」と判断しました。

       
   相州山■村   (神奈川県)
    (注8) 相州は相模国、ほぼ現在の神奈川県
    
   上総長南宿   (千葉県長生郡長南町)
   
   同二日市バ   (千葉県市原市二日市場)
   
   同父■村
    
写真3


   下総金江津村  (茨城県稲敷郡河内町金江津)
    (注9) 金江津(かなえつ)は千葉県香取郡金江津村であったが、
       1960年10月合併により千葉県香取郡河内村となり
       1999年4月茨城県稲敷郡に編入され現在の茨城県
       稲敷郡河内町金江津となったのではないか、
       と思われます。

       以上の記述は石田諭司氏のページ(イッシーのホームページ)
       を参考にさせて頂きました。
       石田氏、関連自治体等へのお問合せはご遠慮ください。

       ---------------------------------------------------
       石田諭司氏よりご指摘を頂き、下記のように訂正いたしました。
       (2006年10月30日 もりた)
 
       1889 (M22). 4. 1
       町村制施行に伴う「明治の大合併」により,
       千葉県香取郡金江津村ほかが合併して
       「千葉県香取郡金江津村」が発足。
 
       1899 (M32). 4. 1
       利根川改修の進行に伴い,
       千葉・茨城県境を利根川新流路に変更。
       千葉県香取郡のうち利根川以北が
       茨城県稲敷郡に編入され,
       金江津村も 茨城県稲敷郡 の所属となる。
 
       1958(S33). 2.15
       金江津村が 稲敷郡河内村 に編入。
 
       1996(H8). 6. 1
       河内村が町制施行して,河内町となる。
       ---------------------------------------------------
       
   同 山田村中  (千葉県香取市)
    (注10) 合併による住所変更前の千葉県香取郡山田町と思われます。
       合併後の香取市から「山田」の地名は無くなってしまいました。

       
   釣上西尻中   (埼玉県さいたま市岩槻区釣上 または 釣上新田)
    (注11) 釣上または釣上新田の中に、「西尻」という地名を見つける
       ことは出来ませんでした。

   
   黒谷村     (埼玉県さいたま市岩槻区黒谷)
    (注12) 埼玉県秩父市にも黒谷という地名がありますが、より近い
       という理由から上記の住所ではないか、と思います。

   
   武ノ中ツ■村   (注13) 「武」とあるので武州(武蔵:埼玉県または東京都)
               と思われますが、文字が判読できないため特定する
               ことは出来ませんでした。

               
   幸手在八甫村  (埼玉県北葛飾郡鷲宮町八甫)
    (注14) 八甫(はっぽう)と読みます。
 
 
■ 消えた地名
 
  以上の地名を見ると、岩槻、春日部、幸手、三郷など近郊
 に住む人からの寄附もありますが、かなり遠い所からの
 寄附があったことがわかります。
  特に千葉県市原市や香取市などとのつながりが強かった
 のかな、とも思います。
 
  この碑が建てられたのが寛政4年(1793)といわれて
 いますので、約200年前です。ある意味そう遠くない過去
 ですので、地名が残っていても不思議ではありません。
 
  近代における度重なる住所変更により、消えてしまった
 地名が少なくないことは非常に残念です。
  一度消えてしまった地名を復活させることは不可能に近く
 行政に携わる方々の見識に期待します。
 
 
■ インターネットというツール
 
  以上の住所を調べるために、主に次の2つのページを
 利用しました。
  ・ゆうびんホームページ 郵便番号検索
  ・Yahoo!地図情報
 
  このようにかつては時間がかかって現実には不可能だったことが
 簡単に出来るようになっています。コンピュータやインターネット等の
 新しい技術を、いにしえの人が試みても叶わなかった分野
 応用していくことが、最も意義のある利用法ではないか、
 現代を生きる者の役割ではないか、と考えています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) LA HEJMPAGHO DE ISSIE(イッシーのホームページ)
(2) NPO法人 越谷市郷土研究会
(3) 越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(1) 2006年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(2) 2006年10月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年10月30日 15:33 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/250

コメント

コメントしてください




保存しますか?