« つま恋コンサート・総集編 | メイン | 江戸時代の地名 »

2006年10月29日

越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(2)

 昨日参加させていただいた越谷史跡めぐり~野島・三野宮~
続きをご紹介します。

 
■ 野島浄山寺(野島地蔵尊)の続き
 

  野島地蔵尊、正式には
 野島山浄山寺について
 前回は、徳川家康から
 授けられた寺領朱印状と
 日本一大きな大鰐口に
 ついてご紹介しました。

  そのほか
  ・鐘楼 延享3年鋳造。昭和18年軍事用物資として
      徴発された。現存するものは昭和33年鋳造。
  ・本堂 文久3年(1863年)改築。
  ・永代油資寄附碑 寛政4年(1793)
  ・地蔵供養塔 明治32年造塔。
 をはじめ多数の遺物・資料があります。
 

  その中で、永代油資寄附碑に
 刻まれている寄附者の住所に
 興味を覚えました。
 
  この件に関しては別の記事
 で述べたいと思います。

   
■ 神社の呼び名について
 
  野島浄山寺を出た後、畑道を通り元荒川の方向に向かって
 歩きました。次に向かうのは三野宮香取神社です。

 
  同行していただいた越谷市郷土研究会の加藤幸一氏に
 神社の呼び方に関して大変ためになるお話を教えていただき
 ました。
  神社の呼び方は川を境にして変わるということです。
  
  元荒川より北では「香取神社」、元荒川と綾瀬川の間は
 「久伊豆神社」、綾瀬川以南では「氷川神社」と呼ばれる
 そうです。
(「香取神社」という呼び名は千葉県の方まで
 続くそうです。千葉県香取郡(現在は香取市)という
 地名と関係があるのか、とも思いましたがお訊ねするのを
 忘れました。再度お会いする機会に教えていただこうと
 思っています。)
 
  「久伊豆神社」は越ヶ谷にある神社が有名ですが
 この日訪れた「野島久伊豆神社」も元荒川と綾瀬川の間です。
  また、「氷川神社」は大宮が有名ですが、草加の「氷川神社」
 いずれも綾瀬川以南です。私の地元・大泊の神社は「香取神社」
 ですが「三野宮香取神社」も含め、元荒川以北です。
 
 
■ 三野宮香取神社
 
  さて元荒川にかかる「三野宮橋」を渡り三野宮に入り、
 ほどなく三野宮香取神社に着きました。

 
  ここには卯之助力石という石があります。  
  
  江戸時代、三之宮卯之助という力持ちが見世物一座を
 結成し諸国を興行して歩いた、その時の奉納石と見られる
 卯之助の名が刻まれている石のことだそうです。
  この力石は越ヶ谷久伊豆神社をはじめ、深川八幡神社、
 鎌倉八幡神社、信州の諏訪神社など各地に多く残されて
 いるそうです。
 
  その三之宮卯之助の出身地がここ三野宮村で姓は
 「向佐(むかさ)」氏といったそうです。
 
  そういえば中学校の同級生に向佐君、向佐さんが数人
 いたことを憶えています。
 
 
■ 埼玉県立大学
 

  三宮香取神社の敷地を出ると
 すぐに埼玉県立大学の校舎が
 目に入ってきます。


  この大学は
 「保健、医療、福祉の
  連携と統合に貢献できる
  スペシャリストを育成する
  大学」として
 平成11(1999)年4月に
 開学したそうです。

 
■ 法光寺
 
  埼玉県立大学を後にすると
 最後の目的地である法光寺の
 本堂の屋根が遠くに見えて
 きます。
  しかし遠くに見えるだけで
 歩けども歩けどもなかなか
 近づきません。

  10分以上歩き、小さな川(新方川:
 通称千間掘(注1))を渡ると
 ようやくお寺にたどり着きました。

 (注1) 千間堀(せんげんぼり)。せんげん台という駅名の
    基になった川名。正式には新方川といいます。




  法光寺には浮世絵で有名な"写楽"の記念碑があります。

 その由来はおよそ次の通りだそうです。
 
  法光寺(今日山法光寺)は元和3年(1617)に江戸浅草横山町
 に創建され、明暦の大火(明暦3年(1657))の後、江戸築地に
 移転したそうです。その後平成5年(1993)に越谷のこの地に移転
 してきたそうです。浄土真宗本願寺派の寺院です。
  写楽は寛政6年(1794)年から翌年にかけての10ヶ月間に140種
 あまりの役者絵などを残した後、忽然と姿を消してしまったため
 謎の浮世絵師と言われ、その正体をめぐって諸説が飛び交って
 いたようです。
  その中で有力視されていた斎藤十郎兵衛説を裏付ける資料が
 平成9年(1997)6月、この寺の過去帳の中から発見されたという
 ことです。
 (以上、平成10年 法光寺殿作成の文書から引用させて
  いただきました。)

 
 
 この後再び千間堀をわたり、千間台第四公園で最後の挨拶をして
解散しました。今回のイベントに参加させていただいて
大変ためになりました。
 もともと地元のこと、歴史、地名、人名などに興味があり
今回のイベントへの参加はこれらの好奇心をさらにかきたてる
結果となりました。
 
 
■ 越谷タウン情報サイト-越谷っ子
 
 今後も機会があればこのような催しにも参加したいと考えて
います。
 今週11月3日(祝日)には越谷市役所産業支援課主催による
「水郷こしがや観光ハイキング」にも登録しています。コースは
せんげん台駅東口を出発し大泊安国寺、新方川沿道、コスモス畑、
キャンベルタウン、・・・です。
 こちらの結果もご紹介したいと思います。
 
越谷タウン情報サイト-越谷っ子 以上の史跡めぐりや観光ハイキングを
はじめとするイベント情報が、
越谷タウン情報サイト「越谷っ子」
掲載されています。

 今回の史跡めぐりの情報はこちらのサイトを見て知りました。
私たち越谷市民にさまざまな体験や人との出会いのきっかけを
作ってくれる、有意義なサイトだと思います。
 「越谷っ子」さん、ありがとうございました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) NPO法人 越谷市郷土研究会
(2) 越谷タウン情報サイト-越谷っ子
(3) 越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(1) 2006年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 江戸時代の地名 2006年10月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年10月29日 23:17 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/249

コメント

コメントしてください




保存しますか?