« 「日本メガネ党 政見放送」 | メイン | CEATEC JAPAN 2006開幕 »

2006年10月03日

「コピーワンスを見直しへ,総務省のコンテンツ流通検討会」

 日経BP社のITプロ向けニュースサイトITproの記事(注1)
によると、総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に
関する検討委員会」に於いて、デジタル・コンテンツの扱い
についての検討が始まったとのことです。
(注1) コピーワンスを見直しへ,総務省のコンテンツ流通検討会(ITpro)

 
■ 私的録画も「コピーワンス」に縛られている現状
 
  放送のデジタル化に伴い、コンテンツの著作権に関して
 いくつかの課題がクローズアップされてきました。
 
  例えば、デジタル放送の中には
 「1回だけ録画可能」とする制御信号が混入されている番組が
 あります。この番組は文字通り「1回だけ録画」が許されて
 います。コンテンツのコピーを制限するためです。
 
  この「1回だけ録画可能」な番組をHDD内蔵DVDレコーダ
 に録画した後、DVDにコピーすると、DVDレコーダ内(HDD)の
 コンテンツは削除されます。コピーではなく移動です。
  これは文字通り「1回だけ録画」が許されていることを
 表しています。
 
 
■ デジタル・コンテンツの著作権保護
 
  この委員会では
 「コンテンツの(1)利用ルール,(2)流通ルール,
 (3)取引市場の活性化の三つを検討項目に挙げている」
 (「コピーワンスを見直しへ,総務省のコンテンツ流通検討会(ITpro)」より引用)

 ということです。
 
  また現行の「コピーワンス」に関し
 「そもそもなぜコピーワンスなのか,コピーワンスで違法な用途を
  本当に防げるのか,私的録画がなぜ1回で縛れるのか,といった点を
  明解に示すべき」(出典:上記と同じ(ITpro))

 といった声も出された、ということです。
  
  
  この委員会の今後の議論に注目していきたいと思っています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) コピーワンスを見直しへ,総務省のコンテンツ流通検討会:ITpro
(2) ハードディスクレコーダ 2006年9月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年10月03日 01:06 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/214

コメント

コメントしてください




保存しますか?