« 楽天 今季最終戦を白星で飾れず | メイン | 「日本メガネ党 政見放送」 »

2006年10月01日

楽天 来季・最下位脱出の可能性

 本日パリーグ公式戦全日程を終えました楽天イーグルスの来季
最下位脱出の可能性について考えてみたいと思います。

 
■ 5位オリックスについて
 
  今季、6位楽天と5位オリックスとのゲーム差は4.5ゲームでした。
  
  ニュース報道を見ていると、パ・リーグの話題は1位・2位・3位の間で
 行なわれるプレーオフと、最下位・楽天に集中しているように思われます。
  特に5位・オリックスについてあまり触れられていません。今季は
 6位楽天に僅かな差に追いつかれ、あまりにもふがいない成績と
 言わざるを得ません。既にその責任を取る形で中村勝広監督が辞任する
 ことになりました。
 
  2年前、球団経営不振を理由に、選手会とプロ野球ファンの大反対
 押し切って、近鉄、および旧オリックスの2球団が合併し新生・オリックス
 誕生しました。
  両球団配下の選手の中から新生・オリックスが優先的に選手を選択し、
 (語弊はありますが)残った選手が新規参入した楽天に
 移籍することになりました。
 
  当時(2004年)の5位(近鉄)、6位(オリックス)とはいえ、
 プロ球団2チームの良い部分を半分(約30名)ずつ採用して
 発足したチームがこの成績に終ったことは、
 監督1人の責任ではないと思います。
  合併を決定した両球団のオーナー経営陣こそ、
 その責任を問われるべき
、と考えます。
  
  
■ 有望な若手が豊富な楽天
 
  一方、楽天には実は有望な若手が揃っています。
  
  本日のスタメンを見ると、
  2番 セカンド 西谷(24歳)、
  3番 ライト 鉄平(24歳)、
  8番 サード 塩川(23歳)、
  9番 ショート 西村(23歳)
 と若い選手が並んでいます。
 
  また、3番手で登板した青山も23歳といった具合に、楽天は
 チーム事情が逆に幸いして、若い選手が出場機会を得て着実に
 成長しています。
 
  これらの若手選手と、山崎(37歳)、関川(37歳)、吉岡(35歳)、沖原(34歳)
 といったベテラン選手が連携して、来季はぜひ最下位脱出し、4位、Aクラス
 と上を目指してもらいたいものです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 楽天 今季最終戦を白星で飾れず 2006年10月1日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年10月01日 22:32 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/212

コメント

コメントしてください




保存しますか?