« 「第5回 フィードビジネスカンファレンス」 | メイン | 日経トレンディのWeb2.0特集 »

2006年10月06日

CEATEC JAPAN 2006報告(1)

CEATEC JAPAN 2006
 3日から千葉県千葉市・幕張メッセにて
開催されているCEATEC JAPAN 2006
ご報告の1回目です。

 ビジネス&ソサエティーゾーン(ホール4)と
受動部品ゾーン(ホール5)の中から特に目立った
展示を、とり急ぎご報告いたします。

 
■ ビジネス&ソサエティーゾーン(ホール4)
 
 ● アクセシビリティPLAZA
 
   障害者や幼児・高齢者などパソコンや携帯電話など
  IT機器へのアクセスに不利な立場に置かれてる方への
  提案コーナーです。
 
   ★ 2画面ユニバーサルデザイン携帯電話 ~ NTTドコモ
 

 上下2画面の携帯電話です。
上は通常の携帯電話と同じ画面、
下が番号ボタンの替わりに
タッチパネルになっています。


 下の画面に表示されるボタンを
指でタッチして操作します。
 物理的なボタンではないので
場面に合わせてボタンのレイアウト
を変えることが出来る、という
特長があります。

    
 なかなかユニークな発想であると、感心しました。
 製品化は未定とのことです。
 
 
■ 受動部品ゾーン(ホール5)
 
 ● 電子ペーパー時計 ~ シチズンTIC
 
 シチズングループのブースに
電子ペーパーという変わった
展示を見つけました。
 卓上時計への応用例が
展示されていました。

  
 電子ペーパーの特長は
 ・広視野角
 ・超低消費電力
 ・薄型・軽量
ということです。
  
 確かに薄く、折り曲げても表示に
影響がないことに、驚きました。

 
 
 他にも注目すべき展示が多数ありますが、次回以降引き続き
ご報告したいと思います。
 
 なお、このイベントは7日(土)まで幕張メッセにて開催されています。

投稿者 もりた : 2006年10月06日 07:41 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/218

コメント

コメントしてください




保存しますか?