« 榎本喜八 | メイン | ブログ1周年 »

2006年09月23日

ハードディスクレコーダ

 先程「たくろう&かぐや姫 コンサート」が終了しました。
予約録画していたため、コンサートの様子は未だ見ていません。
 途中大相撲による中断の時に、少し見てみましたが
ハイビジョンはとてもきれいです。静岡県掛川市の青空と
会場を埋めた5万人の様子がリアルに伝わってきました。
 
 今晩から明日にかけて、ゆっくり見たいと思います。

 
 今日のために購入したハードディスクレコーダ(一般的には
"HDD内蔵DVDレコーダー"と呼ばれています)を使って、
一昨日の晩からいろいろと試しています。
 
 
● チャンネルの切り替え方が分からない
 
  購入した製品はPanasonicのDMR-EX350という機種です。
 
  テレビの視聴から始めてみると、NHK-BSハイビジョンへの
 切り替え方が分かりません。この機種はいろいろな電波(注1)
 を受信できるため、見るチャンネルによっては電波の切替も
 必要です。
 (注1) 地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタル、
   地上アナログが受信できます。

  マニュアルを見てNHK-BSハイビジョンに切り替えて、
 視聴、録画、予約録画の順に一通り試してみました。
 
 
● 録画した映像を外部のディスクに残す
 
  私は今迄残しておきたいビデオ映像(主にテレビ番組)を
 パソコンの外付けハードディスク(着脱可能なリムーバルケース)
 に保管する方法を採ってきました。
 
  そのためには、ビデオテープの映像をパソコンに取り込み、
 圧縮してハードディスクに保存するという手順を踏みます。
 映像の長さの約3倍の時間がかかります。例えば1時間の番組
 ならば、約3時間かかります。(取り込みに1時間、
 圧縮・保存に約2時間)
 
 
● ハードディスクレコーダに期待
 
  一方、ハードディスクレコーダを使用すれば、録画と同時に
 圧縮が終っています。後は、ハードディスクレコーダから
 パソコンの外付けディスクへデータを移すだけです。
  映像の長さの1.2倍程度の時間で出来るのではないかと
 期待しています。(録画に1時間、データを移す時間が少々)
 
  早く試して見たいと思います。
 
 
● デジタル放送の映像データの保管方法
 
  ところで、デジタル放送の番組には「1回だけ録画可能」と
 いう仕組みが組み込まれています。コピー防止のためです。
  従って上で述べたようなハードディスクレコーダから
 パソコンへのデータ移動は出来ません。
 (ハードディスクレコーダからビデオテープに、
  次にビデオテープからパソコンへという手順を踏めば
  可能な場合も有ります。)

  
  今回の番組はデジタル放送でしたので、今迄のように
 パソコンのデータとして保管することは出来ません。
  このまま、ハードディスクレコーダ内に入れておけば、
 きれいな映像として残り、何回でも見れます。
  少し圧縮されて元の映像の美しさが損なわれることを覚悟して
 DVDに書き出すか、どちかかを選択しなければなりません。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 吉田拓郎&かぐや姫 コンサート イン つま恋2006
(2) HDD内蔵DVDレコーダー DMR-EX350 : 商品概要 | パナソニック商品カタログ
(3) いよいよあと3日 2006年9月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年09月23日 22:33 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/204

コメント

コメントしてください




保存しますか?