« AGILEフォーラム2006 | メイン | 中小企業のための実践的なIT活用法セミナー »

2006年09月07日

AGILEフォーラム2006(2)

 昨日開催されたAGILEフォーラム2006」の記事の続きです。
 この日は、Agitar Software社のJava単体テスト自動化ソリューション
がテーマです。具体的には
 ・単体テスト自動化ツール Agitator
 ・テスト進捗・レポートツール Agitar Management Dashboard
という製品です。

 
■ システム開発会社によるソリューションの紹介
 
  日本においてこれらの製品の販売やサポートビジネスを
 行なっているシステム開発会社によるソリューションの
 紹介がありました。
 
  ・株式会社イーシー・ワン
  ・株式会社テンアートニ
 
 
■ 導入事例の紹介
 
  引き続き、株式会社ティージー情報ネットワーク様における
 導入事例が紹介されました。
  
 「システム稼動後の不具合の70%がプログラミングフェーズに
 作りこまれていた」という問題認識に始まり
  Agitatorの導入までの流れ、
  導入結果、
  実際の導入に際しての検討事項、
  本音
 に至るまで、詳しく解説していただき、非常に参考になりました。
  
  
■ 「開発費のいらない受託開発」(Grain)
 
  株式会社イーシー・ワンの最首(さいしゅ)社長から
 「開発費のいらない受託開発」(Grain)というソリューションの
 説明がありました。
  
  ・携帯電話機能を活用したサービスを、同社が短期間で開発
  ・ユーザ企業に対して開発費は請求せず、利用料で請求する
 ということです。
 
  最首社長によると、ユーザ企業にとって実現したいサービスや
 ビジネスをいち早く実現できることが最大のメリットとのことです。
  アメリカではAkamai Technologiesという会社がこのような
 ビジネスモデルを実現しているそうです。
 
  
 
--- 関連情報 ---
(1) Agitar Software, Inc.(アジターソフトウェアジャパン株式会社)
(2) 株式会社イーシー・ワン
(3) 株式会社テンアートニ
(4) 株式会社ティージー情報ネットワーク
(5) Akamai Technologies, Inc
(6) アカマイ株式会社
(7) AGILEフォーラム2006 2006年9月6日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年09月07日 01:40 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/189

コメント

コメントしてください




保存しますか?