« 楽天・野村監督 日米野球の日本監督に! | メイン | AGILEフォーラム2006(2) »

2006年09月06日

AGILEフォーラム2006

 Agitar Software主催「AGILEフォーラム2006」という
ソフトウェア開発者向けのセミナーに参加してきました。
 
 「AGILE(アジャイル)開発」とは、ソフトウェア開発手法の
1つを表す言葉です。ソフトウェア開発においては、伝統的に
ウォーターフォール(設計・製造・テストという決められた流れ
に沿って開発する手法)という開発スタイルが採られてきました。

 ところがこの手法では近年の頻繁な仕様変更に追いつけない
状況が発生してきました。そこで「アジャイルソフトウェア開発」
という開発方法論が登場するようになった、ということです。
 
 
■ “XPの父” Kent Beck氏
 
  本日は“XP(エクストリームプログラミング)の父”と呼ばれ
 アメリカ Agitar Software社フェローのKent Beck氏による基調講演
 が行なわれました。氏の講演の概要は次の通りです。
 
 -------------------------------------------------------------
  従来ソフトウェア開発は、特別扱いされて来た。
  ・納期が守れなくても仕方が無い
  ・ソフトウェアは天気のようなもの。欠陥があって当たり前
  ・ソフトウェア開発はコストがかかる
  等々。
  
  しかし、今後はソフトウェアだけ例外は許されない。
  ・役に立つソフトウェア
  ・信頼性のある(欠陥の無い)ソフトウェア
  ・納期内に
  ・リーズナブルな価格
  
  これらを実現するために「AGILE開発」という手法を採ることが必要。
  鍵となるのは「社会的なスキル」と「技術的なスキル」。
  特に「社会的なスキル」が重要。
  ・人の話をよく聞くこと
  ・チームワークやチームの構築
  等々。
  「技術的なスキル」は
  ・段階的設計手法(Incremental design)
  ・自動化されたテスト
  ・自己学習
 
  最後に、大切なことは「前向きな気持ち」を持つこと。
 -------------------------------------------------------------

  
 以上が、Kent Beck氏による基調講演の概要です。
 
 
 最後にKent Beck氏の著作を紹介しておきます。
 ・「XPエクストリーム・プログラミング入門 第二版 Kent Beck(著) ピアソン・エデュケーション」
 ・「テスト駆動開発入門 Kent Beck(著) ピアソン・エデュケーション」 
 
--- 関連情報 ---
(1) Agitar Software, Inc.(アジターソフトウェアジャパン株式会社)
(2) 株式会社イーシー・ワン
(3) 株式会社テンアートニ
(4) 株式会社ティージー情報ネットワーク
(5) 「XPエクストリーム・プログラミング入門 第二版 Kent Beck(著) ピアソン・エデュケーション」
(6) 「テスト駆動開発入門 Kent Beck(著) ピアソン・エデュケーション」

投稿者 もりた : 2006年09月06日 22:43 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/188

コメント

コメントしてください




保存しますか?