« リムーバルディスクの自動再生 | メイン | 「ソフトウェア開発の名著を読む」 »

2006年08月05日

Windows XPを飛び越えWindows Vista、さらにWindows Liveへ

 あるお客様の会社でサポート作業をしていると、携帯電話が
鳴りました。
 別のお客様からのお電話で、これから私どもの店に来たいという
お申し出でした。只今出張サポート中である旨お伝えし、2時間後に
ご来店いただくお約束をして、電話を切りました。
 
 
■ デジタルカメラに大切な画像が入っている
 
  このお客様はご夫婦で教室の生徒さんになっていただいており、
 今回は奥様がご相談に来られました。
  
  デジタルカメラの中に大事な写真と動画が入っているので
 パソコンかCDにバックアップを採っておきたい、というご相談でした。

 
■ 古いパソコンと最新のデジタルカメラというアン・バランス
 
  なんだ簡単なことかとお考えの方も少なくない、と思います。
  
  このお客様はデジタルカメラを購入してから、パソコンに画像を取り込むのは
 今回が初めてのご様子です。
 
  1つには、操作に慣れていないということ。
  もう1つは、お客様のパソコンが1世代前、具体的にはOSがWindows Me
 であるため、写真の取り込み機能がOSに標準装備されていない。(注1)
 
  以上2点の事情が有るようです。
  
  (注1) この辺の事情については「中古パソコンの使い途 2006年04月11日
 IT屋もりたの今時パソコン日記
」をお読みください。

 
 
■ Windowsのバージョンを1世代飛び越したユーザ層
 
  来年初めにはWindows次期バージョンであるWindows Vistaの登場が
 予定されています。
 
  Windows 98、Meユーザの中にはWindows XPを使用することなく
 Windows Vistaに乗り移るユーザも少なくないものと、思われます。
 
  2000年問題直後の2000年1月から、Windows XPが登場した2001年末までの
 2年間に初めてパソコン(当時のOSはWindows Me)を購入したユーザ層は
 Windows XPを経験することなくWindows Vistaに移行することになります。
 
  この時期は単にOSが変わっただけではなく
  
   ・ブロードバンドの普及による通信環境の大きな改善
   ・デジタルカメラ・HDDレコーダ・iPodの普及と
    大容量記憶メディアの登場に伴うコンテンツの変化
    (高精細画像、動画、音声)
   ・Webの進化に伴う新しいメディアの登場
    (動画配信サービス、ブログ・SNSなどのCGM、
     Google、Amazonに代表されるロングテール現象、・・・)
 
  など様々な環境変化が同時に進行していた時期です。
  
  そして、Windows XPはそれらの変化に対応している(上記3点のうち
 最後の1つを除き)ことが、それ以前のOS(Windows 98、Me)との
 最も大きな違い
です。
 
 
■ Windows Vistaに移行するユーザ層としないユーザ層に分かれる?
 
  以上のように、古いパソコン(Windows 98、Me)のユーザ層の中から
 Windows Vistaへ1世代越えする事例が増えるものと、予想しています。
 
  今後のサポートにおいては、Windows XPを経験していないお客様への
 ご説明(教習)が重要になる
と思っています。
 
  なお今回ご相談に来られたお客様も、近々新しいパソコンをご購入される
 予定とのことです。
 
 
  実は上記の予想とは別のことも少し考えています。
  
  Windowsのバージョンアップの歴史を振り返ると
   ・1世代前のユーザのほとんどが次世代のWindowsに乗り換えました。
  また
   ・バージョンアップの度に新しいユーザを獲得していきました。
   
  今回のバージョンアップは、過去の例とは少しかなり違うのでは
 ないか、とも想像します。
 
 
サービスとしてのソフトウェアへと大きく舵をきったマイクロソフト
 
  それは米Microsoftが「Windows Live」と「Office Live」という
 インターネットをベースとしたソフトウェアサービスを発表したことです。
 
  すでにWindows Liveのベータ版がリリースされております。
  
  Googleに影響されての方向転換とはいえ、
 パッケージ・ソフトウェアからサービスとしてのソフトウェアへ
 マイクロソフト自身は大きく(かじ)をきったと理解しています。
 
 
  パソコン業を営む者、とりわけ私どものようなパソコンサポート事業者・
 パソコン教室
は、マイクロソフト自身が既に変化したことを見逃すべきではない

 と考えます。
 
  同時にフットワークを常に軽くするべく、日々ストレッチに励んでいきたい
 と思います。
 
                      テクノラティ タグ:
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 中古パソコンの使い途 2006年04月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) THE NEXT WEB 2006 2006年7月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年08月05日 23:51 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/167

コメント

コメントしてください




保存しますか?