« 8月・9月のIT関連 展示会・セミナー情報 | メイン | 古巣訪問 »

2006年08月12日

「文系のための『Web2.0』入門」

 フィードパス株式会社 取締役 COOであり、「Web2.0 BOOK」
著者である小川 浩氏による最近の著作です。
 
 「文系のための『Web2.0』入門」 小川 浩(著) 青春出版社
 
 
■ 「文系にもわかるように」説明することの重要性
 
  「文系のための・・・」というタイトルですが、文系の人、特に
 学校を出たばかりの人が理解できる内容か、というといささかの
 疑問を持つのも正直な所です。

  ただ、小川氏がそういうスタンスでこの本を書き、ビジネスに対しても
 そのように取組んでいる、という風に解釈しました。
 
  どんな職業でも同じですが、それぞれの仕事の内容を深く掘り下げて
 専門性を磨くことと、お客様に対して出来るだけわかり易く説明できること
 の両方が大事であると思っています。
  「お客様にわかり易く説明できる」とは、出来るだけ世間一般の言葉を
 使い、専門用語を使わない、ということです。
 
  このことは非常に重要である、と思っています。ITの世界だけに
 限りませんが、このことの重要性を認識していない技術者(広くいえば
 職業人)が多いのも事実です。(私自身も、その1人ではないかと自戒
 しているところです。)
 
 
■ 「ウェブ進化論」および「Web2.0 BOOK」との併読の勧め
 
  この本を手に取った方のうち、ご自身のビジネスあるいは勉強が
 Web2.0と関係があると思われる方は、次の図書も併せて読むことを
 お勧めします。
 
  ・「ウェブ進化論」 梅田望夫(著) ちくま新書
  ・「Web 2.0 BOOK」 小川浩・後藤康成(著) インプレス
 
  ウェブをとりまく最近の技術動向・業界および社会への影響について
 理解する上で、上記の2冊が最適です。
 
  前者は原理・原則的な書き方で、後者はより具体的に実サイトのURLなども
 掲載し現実に則した書き方で説明しています。
  どちらか片方だけよりも、2冊併せてお読みになることを重ねてお勧めします。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「文系のための『Web2.0』入門」 小川 浩(著) 青春出版社
(2) 文系のための「Web2.0」入門 - Speed Feed [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
(3) Web2.0BOOK 2006年3月4日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) ウェブおよびブログ関連書籍 2006年03月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 「ウェブ進化論」 2006年03月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 「ウェブ進化論」その後 2006年04月07日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 「Web 2.0」と「SOA」 2006年04月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年08月12日 01:01 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/172

コメント

コメントしてください




保存しますか?