« 14年ぶりの再会 | メイン | 入谷 朝顔市 »

2006年07月06日

Web2.0時代のホスティングサービス

 一昨日(7月4日)、ラピッドサイトの販売支援セミナーに参加してきました。

 ラピッドサイトGMOホスティング&セキュリティ株式会社
提供するホスティング(レンタルサーバ)サービスのブランド名です。
 同社はラピッドサイトをはじめアイルロリポップ
複数のブランドでホスティングサービスを提供しています。

 私どもIT屋もりたは、同社と販売代理店契約を結んでおります。
 
 
■ Web2.0時代のホスティングサービス

  一昨日の販売支援セミナーは
 「Hosting 2.0 ~Web2.0時代の新しいホスティングのカタチ~
 というタイトルで行なわれました。
 
  具体的にはラピッドサイトの新サービス(下記の3つ)について
 パートナー(販売代理店)への説明会という内容でした。
 
  ・専用サーバーサービス SMPシリーズ
  ・CMSホスティング
  ・イントラブログ BROADNETBOXERホスティング
 
  以上の新サービスについてそれぞれの開発元会社の技術者から
 直接説明を聞ける
という、貴重な機会
を得ることが出来ました。

  具体的にどのような点が、従来と異なる(従来には無い)機能かという
 観点から、ご説明したいと思います。

 
専用サーバーサービス SMPシリーズ
 
  「専用サーバーサービス SMPシリーズ」(以下「SMPサーバー」
 と呼ぶこととします。)は、サーバーの安全性(セキュリティ)と
 サポート体制(サーバーマネージメント)を極限まで高めた
 新たな形の専用サーバーということです。
 
  ラピッドサイトでは従来から下記のホスティングサービスを提供しています。
   
  ・共用サーバ(RSシリーズ)
  ・VPS(RVシリーズ)
  ・専用サーバ(RDシリーズ)
 
  今回新たに提供開始するSMPサーバーは、従来のRDシリーズを上回る
 セキュリティとサーバーマネージメントを持つ専用サーバとなります。
  
  具体的には、SMPサーバーに搭載されるOS(Nature's Linux)
 開発したベンダー自身
がサーバー監視にあたり、
 OSを開発したベンダー自身が24時間365日のサポートを提供する
 ことが最大の特長
です。
 
 
CMSホスティング
 
  その名の通り、CMSを可能とするホスティングサービスです。
 
  ブログサービスの普及により企業ホームページ、ネットショップなど
 ビジネス・サイトに於いても社長日記、店長日記という形でブログを
 書く経営者が増えてきました。
   
  ブログの便利さ(ページ更新・リンク管理の容易さ等)を本家本元である
 企業サイト・ショッピングサイトにも応用したい、
 つまりWebサイトのCMS化を考えるサイト・オーナーは少なくありません。
  
  しかし、WebサイトのCMS化要求に対して中小企業や商店が採りうる
 選択肢は、現実的には「Movable Typeを使ってサイトを構築しなおす」こと
 しかありませんでした。
 
  ラピッドサイトによる「CMSホスティング」サービスの提供開始は
 上記の要望に対する新たな選択肢を与えるものであり、
 業界およびユーザに対して非常に大きなインパクトを与えるものと考えます。

  
  残念ながら料金が高いことが、惜しまれます。この点についてラピッドサイトでは
 今後のユーザ数増加の推移を見て、検討したいと話していました。

 
  
イントラブログ BROADNETBOXERホスティング
 
  企業、特に大企業では社内コミュニケーションの巧拙が企業全体の
 生産性や創造性に大きく影響します。
  また迅速な意思決定、より一層の顧客満足度の向上の為に
 社内情報共有の強化、知識の蓄積・共有といった仕組み造りが重要です。
 
  そのため従来よりこれらの企業では、メール、グループウェア等の
 ソフトウェアツールを用いて社内コミュニケーションの活性化を図って
 きました。
  
  しかしそれらのツールにはいくつかの問題点・限界が有り
 その解決手段として企業内(イントラネット)ブログの活用が有効である
 と、「イントラブログ BROADNETBOXERホスティング」の開発元である
 株式会社 日立製作所 ブロードバンドサービス本部 BOXERGROUPの松本 匡孝氏
 力説します。
   
  このツールに関しても、Movable Typeを採用して社内コミュニケーション体制を
 構築する場合との比較・相違について質問してみました。
  松本氏の回答によると、大きな違いは次の通りです。(他にもいくつかの違いが
 ありますが、ここでは記述を省略させていただきます。もりた)

  1.すぐに使い始めることが出来る。
    Movable Typeの場合は、標準テンプレートのままでは現実的には実運用に
   堪えないので、テンプレートの作りこみが必要になる。
    その点、イントラブログ BROADNETBOXERホスティングでは、
   テンプレートの作りこみが済んでいるので、すぐに使い始めることが出来る。
  2.All in One
    イントラブログ BROADNETBOXERホスティングでは
     ブログシステム(BOXERBLOG iB)、RSSリーダー(BOXERBLOG Sonar)、
     ホスティングサービス(イントラブログ BROADNETBOXERホスティング)
    の3つがセットで提供される。
    この点でも、ユーザは何の準備も無く、すぐに使い始めることが出来る。
  3.自由・簡単
    例えば、ブログをいくつでも作ることが出来る。
    また、ブログの公開範囲を設定できるため、限定したコミュニケーションも
    可能である。
    等々。

  以上の3点(すぐに使い始められる、All in One、自由・簡単)が企業内ブログ構築
 ツールとして、今までに無いこのサービス独自の特長です。

投稿者 もりた : 2006年07月06日 23:58 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/143

コメント

コメントしてください




保存しますか?