« 体調不良 | メイン | LotusDay 2006 »

2006年07月12日

楽天 惜敗!

 楽天イーグルス西武ライオンズに7対6でサヨナラ負けを喫し
7連敗です。
 7連敗は巨人だけではありません。
 
 
● 交流戦後は、2勝10敗

  交流戦後の楽天の成績は、2勝10敗と最悪です。

  交流戦期間中、特に6月に限ればパ・リーグ勝率首位と絶好調だった
 頃とは、対照的です。
 
  中でも10敗のうち1点差負けが5つ、2点差負けが1つと
 惜しい敗戦が目立ちます。
  交流戦までは昨年に比べて1点差勝ちが増えたことが、今年の楽天の
 特長だと思っていました。交流戦後は裏目に出てしまっています。
 
 
● 同一リーグの戦いは戦力の少ない楽天には不利
 
  絶好調で交流戦を終えた時、後半戦のこのような成績をある程度
 危惧していました。
 
  交流戦はデータの少ない中での対戦となるため、野村監督のように
 戦略に長けた指揮官を持つ楽天には、有利に働いたのではないか
 と思います。
 
  ところが後半戦、同一リーグ同士の戦いとなると互いにデータを
 持っているチームの戦いとなるため、奇襲をはじめとする戦略・戦術など
 戦力以外の「無形の力」で戦うには限界があります。
 
  すなわち互いの手の内の知れあったチーム同士の戦いでは
 楽天のような戦力の少ないチームには、不利と考えます。
 
 
● 巨人の成績不振の原因は今の楽天と同じ

  全くの余談になりますが、これと同じことが今の巨人に言えるのでは
 無いでしょうか?
  つまり、巨人の急降下(成績不振)の原因は、戦力そのものの低下にある
 と考えます。
 
  現在の巨人は小久保を欠き、復帰したとはいえ最近まで高橋由伸も
 欠いていました。
  李承燁(イ・スンヨプ)と豊田投手をロッテ、西武からそれぞれ獲得した
 とはいえ、4番打者を4~5人揃えていた数年前と比べ
 戦力的には数段落ちているのではないでしょうか。
 
  つまり普通のチームの戦力になったということです。
 ましてや中日や阪神と比べれば、1段も2段も戦力が低いと見るべきでは
 ないか、と思います。
 
  スタートダッシュがよかっただけに、そのことに気付くのが遅れたのでは
 ないかと思います。
 
 
● 今年、楽天には5位になって欲しい
 
  話を楽天に戻します。
  
  以前もこのブログで申しましたが、チームの成長過程を見ることは
 非常に面白く、勉強にもなります。
 
  楽天イーグルスには、この不調の時期を耐えてもらい、今シーズン
 が終了した時、5位になってもらいたいと願っています。
 
  幸い5位オリックスとの差は交流戦終了時からあまり開いていません。
 (7月11日現在、5ゲーム差です。)

投稿者 もりた : 2006年07月12日 02:10 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/148

コメント

コメントしてください




保存しますか?