« 楽天 惜敗! | メイン | THE NEXT WEB 2006 »

2006年07月12日

LotusDay 2006

 今日(7月12日)と明日(13日)の2日間、東京・六本木アカデミーヒルズ40Fで
日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBMと記述します)主催セミナー
LotusDay 2006 が開催されています。
 
 1日目の今日、セミナーと展示を見に行ってきました。
 
 
■ Lotusについて
 
  Lotusといえばもちろん
   初めての本格的なパソコン用表計算ソフト Lotus 1-2-3で成功した企業
 です。
  パソコンの特性を最大限に引き出したソフトで、いわゆるパソコンのキラー
 アプリケーションの走り
となったソフト
です。

  その後、マイクロソフトのExcelにシェアを奪われ、1995年にIBM社に買収され
 ました。
  現在はIBM社のソフトウェア部門の一事業になっており、日本でも日本IBMの
 ソフトウェアの一事業になっています。
 
 
■ 今回着目した展示および製品・サービス
 
  今回のセミナーおよび展示で注目したものを、列挙します。
  
  日本IBMの製品・サービスでは
  ・Lotus Notes/Domino 7
  ・WebSphere Portal
  ・Workplace Managed Client をはじめとするリッチクライアント製品
  ・Secured Lotus Notes Stick(参考出展)
 
  また、協力企業の製品・サービスとして
  ・ウィルコム大塚商会との協業による
   W-ZERO3とIBMミドルウェアを使ったソリューション
  
  等がありました。
 
  その中から、「Secured Lotus Notes Stick(参考出展)」について
 ご紹介します。
 
■ Secured Lotus Notes Stick(参考出展)
 
  参考出展として日本IBM展示ブースの端に展示されています。
 
  USBメモリーの中にNotesアプリとセキュリティシステムが入っています。
  このメモリをPCに挿入すると、そのPCはNotesクライアントとして
 振る舞い、取り外すとPCには作業データは残っていないということです。
 
  情報漏洩防止などセキュリティ対策の上で有効な製品です。
  
  
  これと少し似たコンセプトの製品を思い出しました。
 
  LinuxWorld Expo/Tokyo2006において、㈱日立情報制御ソリューションズ
 山本 仁氏による「組込みLinuxソリューション」のセミナーを拝聴しました。
  Windows Terminal Serverなどサーバーベースコンピューティング用の
 シン・クライアント向けに、ルネサステクノロジ社のXMCカードと呼ばれる
 メモリカードを用いたUSB認証デバイスの開発事例についてお話されていました。
 
  メモリカードの中にOS(Linux)をはじめとするソフトと個人情報データを
 入れておき、このメモリカードからブート(システムを起動)するというもの
 でした。
 
  Notes StickはPCを起動したままメモリを抜き差ししますので、
 日立のシステムとはかなり違いますが、
 PCを単なるシステム(LinuxやLotus Notes)起動のための踏み台としている点で
 かろうじて、似ていると感じた次第です。
 
 
 LotusDay 2006の東京での開催は明日(7月13日)までです。当日受付も行なわれる
ようですので、ぜひ参加することをお勧めします。

投稿者 もりた : 2006年07月12日 23:32 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/149

コメント

コメントしてください




保存しますか?