« サッカー、そして野球 | メイン | W杯サッカー 日本、残念な引き分け »

2006年06月18日

楽天 4カード連続勝ち越し

 プロ野球 巨人楽天の試合が先程終了し、
2対1で楽天が勝利しました。

  楽天は、球団初となる4カード連続勝ち越しを達成しました。
 おめでとうございます!

 
■ 意外にいい楽天の投手力

  それにしても、楽天の小倉・福盛両投手はいいピッチャーです。

  選手層の薄いといわれた、楽天の中にこれほどのピッチャーが
 いるとは、知りませんでした。
 
  小倉投手は昨シーズン終了後、楽天球団から一旦は解雇された
 ところ、トライアウト(注1)で野村監督が拾ったということです。
  もし、楽天に野村監督が来なかったら、どうなっていたのでしょうか。
 (注1) 各球団を自由契約となった選手のうち、もう1度プロ野球団への
    入団を希望する選手を集めて行なう入団テストのことで、
    12球団合同の「合同トライアウト」という形で行なわれている。

  福盛投手は、13セーブ目で、防御率も1点台前半というすばらしさです。
  
  両投手とも2ケタ試合(2ケタ・イニングだったか?)無失点を
 続けているそうです。
 
 
■ 楽天の選手は大人の顔つきをしている
 
  それに加えて、今日は8回裏巨人 2アウト1・3塁 4番イ・スンヨプ
 という場面で、一昨日先発し6回を投げた有銘投手が登板し、見事レフトへの
 ファウル・フライに打ち取りました。この選手もガッツあるいい選手です。
 
  この3人の投手の顔を見て思ったことがあります。
  単に野球選手の顔つきではなく、男らしく、青年らしいすがすがしさをも
 持った大人の顔をしているということです。
  おそらく、1人の社会人としても、しっかりとした考えや意識を持っている
 のではないか、と推察されます。
  
  巨人の選手と比べて大人だな、という印象を強く持ちました。
 (決して巨人の選手が甘いというつもりはなく、楽天の選手がより大人で
  ある、という私の感想です。)


■ ベテランと1、2年目の若手が多い楽天

  楽天というチームは、球団誕生のいきさつからか、他チームに比べて、
 ベテラン選手と去年、今年入団した若い選手の両極端が多いチーム編成という
 印象があります。
 
  ベテラン選手としては
  
  ・吉田 豊彦 投手 (南海→ダイエー→阪神→近鉄)
  ・飯田 哲也 外野手(ヤクルト)
  ・山崎 武司 内野手(中日→オリックス)
  ・関川 浩一 外野手(阪神→中日)
  ・吉岡 雄二 内野手(巨人→近鉄)
  
  いずれも、他チームで活躍した名選手と呼ぶにふさわしい、選手ばかりです。
  


  一方、若手選手としては、土谷鉄平外野手(登録名:鉄平)を筆頭に、
 一場靖弘投手青山浩二投手がいますが、若手選手についてはあまり詳しく
 ないので、もう少し詳しくなってからご紹介していきたいと思います。
 
 
■ テレビ中継は3夜連続、尻切れトンボ

  今更、不満を言うつもりはありませんが、一昨日から今日までの
 3連戦、3試合とも試合途中でテレビの中継放送が終わってしまいました。
  
  その後は、巨人の公式ホームページのリアルタイム・スコア表示
 (得点経過や配球、打球の行方などをFlashプレイヤーを使ってリアルタイム
  表示)を、見て試合の経過を追いました。
  
  前回も申しましたが、地上波テレビ以外の選択肢が
 視聴者の手中にある今、既存のテレビ局は、何か考えなければいけない
 時期に来ているのではないかと、思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) プロ野球のテレビ中継 2006年05月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) プロ野球のテレビ中継(2) 2006年06月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年06月18日 22:57 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/133

コメント

コメントしてください




保存しますか?