« プロ野球のテレビ中継(2) | メイン | サッカー、そして野球 »

2006年06月16日

ミクシィのビジネス利用価値について

 3万ドル倶楽部の6月例会が、NEC PCカレッジ西武池袋校を
会場として行なわれました。

 本日講演予定の陶器のお店 和食器益子焼販売 ~樂raku~
店主 関口睦海(むつみ)様が急病のため、鈴木大吉先生が
最近のネット事情について講義されました。

 Web2.0と呼ばれる新しい動きについて、具体的にサイトを参照しながら
説明していただきました。
 flickramazletWikipediaGawker Stalker
 Googleによる表計算Webアプリケーションや無線LAN参入の話題、等々。

 最後にミクシィ(以下mixiと表記します)についての、ご説明がありました。

 
mixiのビジネス利用効果

  先生のご説明の後、参加したメンバからmixiについての質問が集中しました。

  そのやり取りを参考にして、私なりの考えを整理してお伝えしたい
 と思います。
 
 
 ● mixiは招待制である

   mixiはSNS(Social Networking Site)と呼ばれるWebサイトの1つで
  株式会社ミクシィが運営しているサービスです。
   新しい友人関係をコンピュータ・ネットワークの中で作ることをコンセプト
  として作られたサービスです。

   SNSとしては誰でもが自由に参加できるサービスと、既に参加している
  人からの招待がないと参加できないサービスがあり、
  mixiは後者にあたります。
 
 
 ● mixiは新しい友人関係を作るためのコミュニケーション・ツール

   上でも述べましたが、mixiのようなSNSは、新しい友人関係を作る
  ためのコミュニケーション・ツールです。
   mixiの中で、すぐ近くの会社に勤める同年代の友人を発見し、
  リアルの世界でのつき合いに発展したり、
  同じミュージシャンのファン同志がネットの中で自由に意見交換し
  たまにはオフラインで会ったりという使い方が可能です。

   そのために日記、フォトアルバム、ミュージック、おすすめのレビューと
  いった個人を表現するためのツールや
  メッセージ、コミュニティなどコミュニケーションのためのツールが
  用意されています。

   また、新しい友人関係の構築だけでなく、
  例えば中学時代の同級生を見つけたり、
  昔からの知り合いで、ずっと近所に住んでいながら話す機会が無かった
  人どうしが、mixiでの再会をきっかけに、もう1度リアルの世界での
  つき合いが始まる、という可能性もあると思います。

   個人的には、私の住む地域の元農家の人どうしのコミュニケーションに
  利用してみたい、と思っています。
 
 
 ● 個人情報は項目ごとに公開/非公開を選択できる

   今日の3万ドル倶楽部でのディスカッションの中で、次のような例が
  紹介されました。

   家族全員がmixiに加入し、日記や写真を見せ合ったり、交換したり
  している。遠く離れて暮らしている家族でも、個人情報の公開範囲を
  限定することにより、クローズドな使い方をしている。
  
   上記の例で判るように、mixiでは情報の公開範囲を次の中から
  選択することが出来ます。これらは項目ごとに設定可能です。
   ・非公開
   ・友人まで公開
   ・友人の友人までに公開
   ・全体に公開
 
 
 ● mixiのコミュニティ機能のビジネス的効用について

   最後に、次の様な質問が出されました。

   mixiの中に「3万ドル倶楽部」というコミュニティを作った場合
  (実際、既に鈴木大吉先生が作られています)、
  ビジネス上(マーケティング上)、GoogleやYahooに対する
  SEO対策と同様の、あるいは同じ程度の効果があるのだろうか。

   非常に難しい質問です!私も含めて、3万ドル倶楽部の
  メンバどうしで質問と回答し合う形となりました。
   整理すると次の様なことだったと思います。

   難し過ぎるので、質問の内容を分けてみました。

  質問① mixiの中に作成したコミュニティをGoogleやYahooの検索で
      ヒットするのか。mixiに登録していない人には、その存在すら
      知られないのではないか?
  回答① 上記の質問に対する回答は、後者です。
      GoogleやYahooの検索では、mixiのコミュニティはヒットしない。

       この質問は、mixiと普通のホームページ、ブログとの違いに
      ついての疑問ではないか、と思います。
       機能・サービス面と技術面、それぞれの説明が必要である
      と思います。

   そこで

  質問② mixiと、mixi以外のホームページやブログとは何が違うのか
  回答②(機能・サービス面)
       機能・サービス面では、普通のホームページやブログと
      mixiとは、その目的が異なります。
       mixiは上記でも述べたように、コミュニケーションを目的として
      特化された仕組みです。
       一般のホームページでも目的によっては、mixiのようなクローズド
      (閉じた)ホームページを作ることも可能ですが、基本的には
      オープン(隠すことが難しい)のです。

  回答②(技術面)
       技術面での両者違いを、2つ挙げたいと思います。

       1つは、ホームページやブログでは、ホームページを見たい人が
      リンク(マウスカーソルが手の形になる場所)をクリックする時に、
      HTMLファイルや画像ファイルは既にサーバ上に存在しています。
      (当たり前のようですが)

       mixiでは、例えばマイミクシィ一覧の友人を見たり、
      マイミクシィ最新日記を見る場合、
      マウスをクリックしてからHTMLファイルが作られるのです。
      (つまりmixiではHTMLを動的に生成していると言いたいのです。
      申し訳けございませんが、これは私の推測です。)
       従って、GoogleやYahooの検索にはヒットしない、というのが私の
      考えです。

       もう1つの違いは、認証の有無です。
      mixiのサービスを利用するためには、予め登録を行い、利用の都度
      ログインという操作を通して認証(会員であることの証明)を受けなければ
      なりません。
       一般のホームページやブログでは、認証の仕組みを設置する
      ことは、通常はしません。特別に会員専用ページを作りたい場合は
      別ですが。

   以上の質問・回答を踏まえた上で、最初の質問に戻ると

  質問③ mixiのコミュニティ機能は、ビジネス的、マーケティング的に
      SEO対策と同様の、あるいは同じ程度の効果はあるのか?
  回答③ 現時点では無い、正確には不可能と思われます。

      ・SEO対策と同様の効果を得ることは、上記の回答①、②の理由により
      不可能と思われます。

      ・SEO対策と同じ程度の効果を得ることも、現時点では不可能と
      思います。
       しかし、mixiの会員数が増加すれば、mixi内でコミュニティの認知度や
      評価・人気度を上げることにより、マーケティング的な効果も期待できる
      のではないかと思います。
       また消極的な方法ですが、mixiのニックネームをホームページやブログの
      中(プロフィール等)に書いておく、だけでも多少の効果はあるかも
      しれません。(ホームページやブログで本名を公開している場合は
      mixiに登録していることを書いておくだけでも、よいと思います。)
 
 
■ 新しいSNSサービスの登場に期待する

  繰り返しになりますが、私の住む地域のコミュニケーションの道具として
 mixiを利用してみたい、思っています。

  サラリーマンなど経験したことが無い人が大多数ですから、mixiをそのまま
 利用するには限界があるように思います。

  これからは、地域や職域、家族、IT習熟度の違いなど、コミュニティの属性に
 合わせたサービスの登場が期待されるように思います。

  そのようなサービスを開発するために、今流行(はやり)のオープンソースの技術が
 駆使されるものと思われます。

  私どもIT屋もりたは、そのようなサービスの開発そのものに関わる可能性は
 現時点ではありませんが、サービス普及のために役割を果たしていきたいと
 考えております。

投稿者 もりた : 2006年06月16日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/131

コメント

コメントしてください




保存しますか?