« ビル・ゲイツ氏 2年後に一線から退く | メイン | ミクシィのビジネス利用価値について »

2006年06月16日

プロ野球のテレビ中継(2)

 昨日に続いてプロ野球の話題です。

 巨人楽天の試合をテレビ(関東地方は日本テレビで生中継)で
見ていると、8回表 6対2楽天リードの時点(20時52分頃)で、
中継終了となってしまいました。

 続きをインターネットで見ようと、楽天イーグルスTVをチェックしましたが
今日はホームゲームではないため、ライブ中継はありませんでした。

 
■ プロ野球テレビ中継終了後はインターネット・ライブ中継が定番
 
  スコア表示だけでもと思いましたが、これまたホームゲームでないため
 約10分遅れの表示でした。注: 後でわかったことですが、
 楽天イーグルスのホームページでもリアルタイムのスコア表示を見ることが
 出来ます。)

  そこで、ホームチームである読売ジャイアンツの公式サイト
 スコアをチェックすることにしました。

  そうこうしているうちに、先程(21時20分)試合が終了してしまいした。

  テレビ中継終了後、9回の攻防でそれぞれ1点ずつ入れ、
 7対3で楽天が勝利したようです。

  楽天は昨日に続く連勝です。明日、明後日の2試合で1勝すれば
 4カード連続の勝ち越しとなります。

  プロ野球チームとしての格好が出来てきたことになります。
 ぜひ1勝してもらいたいものです。
 


■ 地上波テレビにおけるプロ野球中継の限界

  それにしても、今日は何故21時前に中継終了になってしまった
 のでしょうか。
  21時から予定されているFIFAワールドカップ「アルゼンチン対
 セルビア・モンテネグロ」の中継がその理由のようです。

  しかし、番組表を良く見ると試合の放送開始は21時40分となって
 います。その前は、「さんまとゴンがイングランド戦熱狂観戦記&
 試合速報」となっています。
  実際の試合開始は、22時からのようです。

  毎度のことながら、プロ野球ファンをバカにしていると思います。
 特に巨人ファンの方は、大きくリードされているとはいえ、野球で
 一番大切な8回、9回を毎回毎回見せられずに、尻切れトンボで
 終らされているのです。

  今日のように初めから21時前に中継終了するとわかっている
 場合はプロ野球の中継をすべきではない、と思います。
  試合開始が18時ですから、どう考えても一番いい場面で
 中継終了となる確率が非常に高いわけです。
 
  一視聴者が文句を言っても始まりませんが、
 地上波テレビ以外の選択肢が視聴者の手中にある今、
 既存のテレビ局は、何か考えなければいけない時期に来ている
 のではないかと、いつも思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) プロ野球のテレビ中継 2006年05月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2006年06月16日 21:38 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/130

コメント

コメントしてください




保存しますか?