« 神戸・淡路島 個人旅行 | メイン | ケーブルテレビ2006 »

2006年06月12日

震災の記憶

 今朝テレビを点けると、地震のニュースを伝えていました。
 午前5時1分、大分県を震源とするM6.1の地震で、
大分、広島、愛媛の3県で震度5弱を記録したということです。

 8時過ぎには北海道函館でも震度3の地震があったようです。

■ 西日本で時折発生する大地震

  一昨日と昨日 神戸、淡路島を案内してくれたタクシーの運転手さん
 も言っていましたが、西日本、特に関西では地震が少ないので、
 東日本の人に比べて地震に対する警戒心が希薄なように感じます。
 
  これは無理からぬことと思います。普段から慣れていないところに
 今日のような大きな地震が発生し、さぞ驚きと不安に襲われた
 ことでしょう。
  けがをされた方をはじめ、九州・中国・四国地方の皆様に
 心よりお見舞い申し上げます。
 
 
北淡震災記念公園
 
  私事になりますが、昨日 鳴門のうず潮見学の帰りに、
 淡路島の北淡震災記念公園に立ち寄りました。
 
  11年前の阪神・淡路大震災の折、テレビで報道された映像を
 今でも憶えています。
  淡路島北部で瓦屋根の民家が、屋根ごと倒壊した映像が繰り返し
 放送されました。
  また淡路島北部に古い断層があり、この断層のずれによって
 地震が引き起こされたと記憶しています。
 
 
■ 野島断層

  この断層は”野島断層”というそうです。
  この地震によって長さ10kmにも及ぶ段差が地面に現れ、
 ここに保存・展示したものは、その一部(長さ約140m)ということです。

  北淡震災記念公園内にある野島断層保存館で、説明にあたってくれた
 若い女性の職員さんが説明してくれました。
  自身も淡路島で震災を体験したそうです。

 ● 上に50cm、右に1.2mずれた

   下の写真は、T字路付近の道路左右のU字側溝を震災直後のまま
  保存・展示されているものです。

   断層は写真の手前側が下がったのではなく、向こう側が約50cm上がった
  のだそうです。
   さらに右に1.2mずれた結果、写真のようにU字側溝が、分断されて
  しまいました。

 ● 長さ10kmに及ぶ断層

 繰り返しになりますが、断層がずれたことによって地表に現れた段差は
なんと10kmにもわたるということです。
 
 ここにはその一部(140m)が、そのまま保存・展示されています。

 ● 断層の断面の展示

 館内には、地面を掘り下げ、野島断層の断面の様子がわかるように
”トレンチ展示”というものがあります。

 ● メモリアルハウス

   敷地内を断層が横切った民家が、メモリアルハウスとして保存・展示
  されています。

 左の写真にも表示されているように
「この家は、鉄筋コンクリート作りで基礎がしっかりしていた
 (通常の2倍のコンクリートを使用)、地盤がよかった等の要因で
 ほとんど壊れずに残った」ということです。

   そのため
  「震度7の激震に耐えた、地震に強い家として公開」されているそうです。

   下の写真の赤いブロックは、途中で120cmずれてしまっています。

   塀も途中で、ずれています。

投稿者 もりた : 2006年06月12日 21:49 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/125

コメント

コメントしてください




保存しますか?