« 5月・6月のIT関連イベント情報 | メイン | 第58回ビジネスショウTOKYO »

2006年05月16日

プロ野球監督 師弟対決

 プロ野球 東北楽天イーグルス東京ヤクルトスワローズ
第1戦が、フルキャストスタジアム宮城で行なわれました。

 楽天 野村克也監督ヤクルト 古田敦也監督
師弟対決ということで注目を集めましたが、
10対9でヤクルトの勝利 という結果に終わりました。

■ 29年ぶりのプレーイングマネージャ誕生

  ヤクルトの古田監督は、久々の選手兼任監督
 (プレーイングマネージャ)の誕生ということで
 話題を集めています。
  かつては多くの監督がプレーイングマネージャを務めました
 ここ数十年間はいませんでした。

  最後にプレーイングマネージャを務めていたのが
 1977(昭和52)年まで南海ホークスの選手兼任監督であった
 野村克也監督です。
  古田監督は野村監督以来、29年ぶりのプレーイングマネージャ
 就任ということになります。
 
 
■ 両監督の比較

(1) 出場回数

  就任後、間もない古田監督には酷かも知れませんが両監督の
 監督兼任選手としての出場回数を比較してみます。

  古田監督は選手としての出場は全試合の約半分に留まっています。
 (ここまで本日を含め36試合中17試合出場)
 
  一方、野村監督は、選手としてもほぼフル出場しています。
 (兼任監督在任1,040試合中973試合に出場)
  これは、ブレイザー・ヘッドコーチの存在抜きには
 語れません。

(2) 名参謀の存在

  野村監督が南海ホークスの選手兼任監督就任の際、
 ヘッドコーチとしてドン・ブレイザー氏を指名し、
 8年間ともに戦ったことは有名です。

  野村監督が選手としてフル出場し、兼任監督の任務を遂行できた
 背景には、ブレイザー氏を参謀に指名したことが最大の要因として
 存在する と野村監督自身が著書やインタビューで語っています。

  また、ブレイザー・ヘッドコーチは「考える野球」
 (Thinking Baseball)を南海にもたらしました。

  一方、今年のヤクルトのコーチ陣の顔ぶれを見ると
 伊東昭光ヘッド兼投手コーチが、参謀役を務めるのでは
 ないかと想像されます。

  今後数年間、古田スワローズが再び優勝できるか否か、
 伊東ヘッドコーチがそのカギを握っているのではないか

 と思います。
 
 
■ 本日の試合経過

  序盤、ヤクルトが7:1とリードしました。
 この時点で、今日も楽天の負けかと思いました。

  4回の裏、楽天が一挙6点の猛攻で同点に追いつき
 その後の反撃に期待を持たせました。

  7回表、ヤクルトが宮本、宮出のタイムリーなどで
 3点を挙げ、勝ち越しました。

  このまま終わりかと思われましたが
 9回裏、フェルナンデスの2ランで楽天が1点差まで
 追い上げましたが、あと一歩及ばず、敗退となりました。

  試合経過はインターネットの動画配信(楽天イーグルスTV)で
 チェックすることができました。

  巨人・阪神以外のチームの試合がいつでも見れるとは
 良い時代が来たものです。
  まさかこんな時代が来るとは思ってもみませんでした。

  今まで50年以上もの間、巨人以外のプロ野球ファンは、
 対巨人戦でしか、TV中継を見れなかったのですから。

 
 
--- 関連情報 ---
(1) 東北楽天イーグルス 公式ホームページ
(2) 東京ヤクルトスワローズ 公式ホームページ
(3) プレーイング・マネージャー列伝
(4) 楽天イーグルスTV

投稿者 もりた : 2006年05月16日 21:54 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/108

コメント

コメントしてください




保存しますか?