« 「チャングムの誓い」の主演女優イ・ヨンエさん来日 | メイン | ネット通販の勉強会「3万ドル倶楽部」の研修に参加して »

2006年05月10日

楽天・野村克也監督

 プロ野球開幕から1ヶ月半が過ぎ、今週からセ・パ交流戦に
突入しました。
 ここまでは好スタートを切った巨人が目を引きますが、
交流戦の成績がその後のペナントレースに大きく影響することは
昨年の例でも明らかです。

 注目()された横浜楽天のセ・パ最下位同士の対戦は
昨日・今日と横浜の2連勝に終っています。
 さてその東北楽天イーグルスを今年から率いているのが
申し上げるまでもなく、現在最年長監督である野村克也監督です。

 ここ1ヶ月の間に、野村監督の著書を3冊読みました。

  「野村ノート」 小学館
  「無形の力 私の履歴書」 日本経済新聞社
  「巨人軍論」 角川書店

 実は野村監督の野球の大ファンです。


■ 私が野村監督の野球に興味を持ち始めたのは
 ヤクルト監督への就任直後からでした。

  もちろん現役時代の活躍は知っていました。
  ・昭和40年に戦後初の3冠王を獲得し
  ・歴代2位の657本塁打を放った大選手です。
  ・35歳から42歳まで選手兼任監督を努め
  ・その後一兵卒に戻り、45歳まで現役を続けられました。

  上記の活躍を知っていただけに、10年間のブランクの後
 55歳という高齢での監督就任を、当時は意外と感じていました。
  またお体も悪くされていたので、失礼ながら
 その後のご活躍(注1)が想像できませんでした。

 (注1) 1990年~1998年 ヤクルト監督在任9年間で
  4度のリーグ優勝、うち3度の日本一という
  成績を残されています。


■ さて、上記の図書3冊ですが、それぞれ執筆の趣旨が
 明確に分かれているように感じます。

 「野村ノート」 ・・・ ヤクルト、阪神監督時代を通じ
            ミーティングで話し、配布された
            「ノムラの考へ」(注2)という資料を
            ベースに書かれたそうです。
            野村監督の野球理論の真髄を
            知る思いがしました。

 (注2) ”考へ”という表記は古い仮名遣いで、
  現代仮名遣いでは”考え”とすべきですが、
  あえて原著の通り表記します。

 「無形の力」 ・・・ 日経新聞朝刊に連載された
            「私の履歴書」を1冊の本にまとめた
            もので、いわゆる自叙伝といって
            良いと思います。

 「巨人軍論」 ・・・ 南海(選手・監督)、ヤクルト・阪神(監督)
            時代を通じて、最大かつ絶対的ライバル
            であった読売ジャイアンツを”題材”として
            野村監督の考える組織論を展開しています。
            個人的には「野村ノート」と並んで
            最も興味を引かれた1冊です。


■ 以上、野村監督とその著書をご紹介しました。

 「巨人軍論」はプロ野球ファンのみならず、
 ビジネス、非ビジネスを問わず参考になる図書と
 思います。ぜひお勧めいたします。

投稿者 もりた : 2006年05月10日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/105

コメント

コメントしてください




保存しますか?