« 情報機器の使いやすさ | メイン | SES2006 SEO、SEMに関するパネルディスカッション(2) »

2006年04月29日

SES2006 SEO、SEMに関するパネルディスカッション(1)

 先週開催されたSES2006(Search Engine Strategies Conference & Expo 2006 Japan)の模様については既にご紹介しましたが、2日目に行なわれたパネルディスカッションの報告記事が中途半端で終っていたため、改めてご紹介します。


■ タイトルおよび出席者

 ● タイトル
  「新たな歴史がここから始まる。SEO/SEMとエンタープライズ検索エンジンの最新情報!」

 ● 出席者
  [モデレータ]
   朝日新聞社  服部 桂 氏

  [パネリスト]
   アイオイスク株式会社  河嶋 茂 氏
   株式会社アイレップ  紺野 俊介 氏
   株式会社オプト  石永 孝士 氏
   株式会社シーエーサーチ  田中 一生 氏
   株式会社セプテーニ  渡邉 統一郎 氏


■ ディスカッションの概要

 ● タイトルには”エンタープライズ検索エンジンの最新情報”と
  あるが、出席者の中にその分野に詳しいパネリストがいないため、
  SEOとSEMに重点をおいた内容になる という
  モデレータ(司会者)からのコメントが最初にありました。

 ● ディスカッションの流れは、大まかに次の様になっています。

  Ⅰ.各社のSEO/SEMへの取組み方の紹介(パネリストの自己紹介と自社紹介)

  Ⅱ.最近のSEO/SEMビジネスのトレンド(傾向)、関心事

  Ⅲ.これからSEO/SEMに取組む企業・個人に対するアドバイス

  Ⅳ.今後の市場の展開についての予測

  Ⅴ.最後のまとめ

 今回から4回に分けて、その内容をご紹介していきたいと思います。

 本日は、第1回目として

  Ⅰ.各社のSEO/SEMへの取組み方の紹介(パネリストの自己紹介と自社紹介)

 について、ご紹介したいと思います。


■ 朝日新聞  服部 桂氏

 「朝日新聞」夕刊で、2005年8月頃

  「検索新話 ネット最前線」

 というSEOに関する連載記事を書いたということで
 今回の司会進行役として白羽の矢が立ったということです。

 なお、司会者である服部氏によるディスカッションの論点の提示の
 詳細につきましては、省略いたします。


アイオイスク  河嶋 茂 氏

・SEO専業会社。
 
・SEOが事業として認知され始めた2002年に設立。
 
・「SEO Japan」というSEOノウハウ集のサイトで有名。

・SEOサービスと、SEOのための各種ソリューション製品の開発を
 事業の柱としているということです。

・クライアントの最近の傾向として
  従来からのマーケティングに加えて
  ブランディングを目的としたメーカ等からの相談が増えている
 という感想を、述べていました。


アイレップ  紺野 俊介 氏

・SEM専業会社。

・集客手法である
 ・SEO
 ・リスティング広告
 ・ディレクトリ登録
 に加えて

 ・LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)サービスや
 ・ウェブ解析
 といったサービスを提供しているそうです。

・集客後の、お客様の収益向上にいかにつなげるか
 という観点でのサービス提供ということになる ということです。

SEM業界で著名な渡辺隆広氏が所長を務める
 「SEM総合研究所」というシンクタンクを持っていることも、
 同社の売りの1つであるそうです。


オプト  石永 孝士 氏

・eマーケティングカンパニー。

・1994年設立。

・eマーケティング事業
 ・インターネット広告事業
 ・効果測定ツール ADPLAN
 ・サイト制作
 ・自社メディア所有

・最近、社内大学「オプトアカデミー」を設立した ということです。


CAサーチ  田中 一生 氏

・業界最大企業(インターネット専門広告代理店 国内売上高№1)

サイバーエージェントのグループ内企業。

・検索事業
 ・リスティング広告
 ・SEO
 ・シチュエーションメディア

・特に
 「シチュエーションメディア」事業に同社の特色があるそうです。

・田中氏は次の様な例を出して説明されました。
 
  私(田中氏:男性)が女友達にプレゼントする化粧品を探すという
 「シチュエーション」を想定する。

  検索エンジンで「化粧品」というキーワードを入力し検索する。

  現在の技術では誰が検索しても、同じ検索結果が返って来る。

  男性・女性、年令、目的(プレゼント)といった「シチュエーション」によって
  異なる検索結果を提供することが出来れば
  利用者・広告主の双方にとって最大の効果を得ることが出来るのではないか

 というのが、同社の「シチュエーションをビジネスにする。」という
 考えである ということです。


セプテーニ  渡邉 統一郎 氏

・社名の由来
  ラテン語で数字の「7」を表すseptemが由来だそうです。

 ・会長兼CEOである七村氏の「七」
 ・設立時のメンバが「7」名
 ・将来「7」つの会社を上場させたい

 等々、「7」にこだわったエピソードを披露されました。

・インターネット広告事業

・今回の展示会はLPOをメインに出展されたということです。
 
 
 
■ 以上、パネリスト各氏の自社紹介を掲載しました。

 次回は

  Ⅱ.最近のSEO/SEMビジネスのトレンド(傾向)、関心事

 について、ご紹介したいと思います。

投稿者 もりた : 2006年04月29日 00:43 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/99

コメント

コメントしてください




保存しますか?