« SES 2006(SEM および SEO に関する展示会)補足2 | メイン | SES2006 SEO、SEMに関するパネルディスカッション(1) »

2006年04月27日

情報機器の使いやすさ

 最近パソコンとプリンタを購入され、ご自宅でも練習を始めた生徒さんから
プリンタの操作についての質問を受けました。

 ”コピーボタンを押しても、コピーが出来ない”というご相談です。


■ 先日私どもで設置をサポートさせて頂いたお客様です。
 機種はキヤノンのMP450で、いわゆる多機能プリンタです。

 設置作業終了後、Wordによる文字入力と印刷について
簡単に操作説明をさせて頂き、その日のサポートは終了させて
頂きました。

 その後、Wordの入力と印刷はお1人で出来たようです。
教室でもレッスンを受講されているので、ご自分の機械に慣れれば
楽しくお使いになれると思います。


■ ところがコピーをしようとすると、わからないことだらけで
お困りになったということです。

 お話を整理すると

(1) 「コピー」ボタンを押しても、コピーが出来ない。

(2) その他のボタンにも興味があるので、いろいろなボタンを
  押してしまい、どうしてよいかわからなくなってしまう。

(3) 液晶モニターにいろいろなことが表示されて、気になってしまう。
  そもそも、液晶モニターは表示されっぱなし(点灯のまま)でよいのか。

 参考のためにMP450の操作パネルの概要図を、以下に掲載します。

MP450の操作パネル概観図


■ お客様の疑問の”(1) 「コピー」ボタンを押しても、コピーが出来ない。”
については、次のように回答しました。

(a) 「コピー」ボタン押下後
  「カラー」または「モノクロ」ボタンを押さなければ、コピーされない

(b) コンビニにあるコピー機に例えて
   原稿をセットした後に押す「コピー」ボタンが
   お客様のプリンタの場合は「カラー」または「モノクロ」ボタンである

(c) お客様のプリンタは電源を入れると
   最初から「コピー」ボタンを押した状態(コピーモード)に
   なっているので、
   「コピー」ボタンを押す必要は無く
   (原稿セット後は)「カラー」または「モノクロ」ボタンを押すだけでよい

さらに

(d) 再びコンビニのコピー機に例えると
   お客様のプリンタのパネルは、下図の青い枠で囲まれた部分だけ存在し
   赤い枠の部分は無いものとして考えればよい

MP450の操作パネルのうちコピー機能に必要な部分(青い枠内)と不要な部分(赤い枠内)


 以上のような説明をしました。


■ このようにお客様が何故

  押す必要のない「コピー」ボタンを押したり

  いろいろなボタンを押して、迷路に入ったり

  液晶モニターに表示される内容に一喜一憂させられる

 など、機械に右往左往させられてしまうかという問題については
申し上げるまでも無く、人間と機械とのやり取り(マンマシンインターフェイス
MMI:man-machine interface)
設計にその原因があります。

 この問題については、後日取り上げたいと思います。

投稿者 もりた : 2006年04月27日 17:32 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/98

コメント

コメントしてください




保存しますか?