« 株取引のレッスン | メイン | 中小企業様におけるパソコン、インターネット環境の遅れについて »

2006年04月11日

中古パソコンの使い途

 以前から教室に通われているお客様が久しぶりにご来店され、中古パソコン(Windows98 SE)をお持ちになりました。IBM(現在はLenovo:レノボ)のThinkPadを、Yahooオークションで入手されたそうです。
 ゲットしたものの、どう利用してよいか分からないということで、ご相談に来られました。

 実は古いOSのパソコンは、使いこなすのがかなり面倒なのです。なかなか、誰でもがご自分の用途に合わせて適切に設定できるものではありません。

■ 参考までに今回の設定手順を掲載します。

 先ず機種をチェックしインターネットで検索すると、当然ですがIBMからLenovoに情報は引き継がれており、仕様を確認することが出来ました

 電源を入れると問題無く起動しました。OSはWindows98 Second Editionになっています。

 次はUSBマウスを接続することにしました。ThinkPadには”トラックポイント”という独自のポインティングデバイスが装着されているのですが、このお客様はマウスのほうが使い慣れているようで、新品のマウスをご自身で購入して来られました。
 現在主流のXPパソコンのようにマウスをUSBコネクタに挿すだけで使えるわけではなく、ドライバをインストールしてマウスも使えるようになりました。

 次はインターネットの接続を試してみました。教室とお客様では接続環境が異なりますが、テスト的にトライしてみました。
 私共のインターネット接続環境(プロバイダ)は、ユーザ認証が不要です。またルータからIPアドレスを配布する(DHCP)機能を有効にしていますので、LANケーブルを挿すだけで接続できるはずです。ところが接続出来ないので、IPアドレスを一旦解放し再取得すると、無事に接続することが出来ました。

 プロバイダ(より厳密には接続方式)によっては、いわゆる”ユーザ名とパスワードが必要な広帯域接続”を採用しており、その場合パソコンにPPPoEクライアントソフトをインストールする必要があります。(但しWindowsXPパソコンを使用する場合や、PPPoE機能内蔵ルータを使用する場合はソフトのインストールは不要です。)


■ 今回お客様がお持ちになられたThinkPadの主な仕様は次の様になっています。

 OS: Windows 98 Second Edition
    (メーカの仕様表ではWindows 2000 Professional となっていますが、
     今回の売主が入れ替えたのではないかと推定されます)
 光学ドライブ: CD-ROM (CDの書込み機能なし、DVDは読み書きともに無し)
 ポインティング・デバイス: トラックポイント (マウス無し。USBマウス接続は可能)
 USBインターフェイス: 有り (仕様はOSがWin98であることから1.1と推定されます。)
 通信機能: 10/100 Base-T Ethernet

 また仕様にはありませんが、「OpenOffice.org 2.0」というソフトがインストールされていました。
 これはMicrosoft Officeとほぼ同様の機能(機能だけでなく仕様的にも)を持つソフトがパッケージになっており、オープンソースという形で開発/公開されているものです。
 (OpenOffice.org 日本ユーザ会 ホームページの説明を引用しました。)


■ ここで、この中古パソコンで何が出来るのかということに触れたいと思います。

 問題なく使えること

  ・ワープロ、表計算など

  ・インターネット(ホームページ閲覧、メール)
   インターネット使用の快適度に最も影響することは、通信速度です。
   ブロードバンド契約であれば、このパソコンの仕様で
   充分インターネットが楽しめます。(但し動画は除く:下記参照)

 向いていないこと

  ・動画再生、編集
   最近ではGyao、Yahoo動画で代表されるサービスが登場し
   インターネット上の環境は整いましたが、
   この仕様のパソコンでは動画の再生は無理です。
   動画編集はもちろん無理です。

  ・デジカメ関係
   ホームページ上の静止画(写真やイラスト)の閲覧は問題ありませんが
   デジカメで撮影した画像を扱うには、無理があります。

   1つは解像度の問題です。最近のデジカメに対して、このパソコンでは
   性能が不足しています。

   もう一つは機能の問題です。最近のパソコン(XPパソコン)は
   デジカメやメモリを接続すればウィザードが自動的に起動し
   写真を簡単に取り込めます。
   ところが以前のパソコンで同じことをするには
   ソフト(ドライバやアプリ)をインストールする必要があります。


■ 最後に、中古パソコンを利用する場合の条件を述べてみたいと思います。

 中古パソコンを利用する場合は、先ず用途を決めてパソコンを選択し、
インターネット環境やソフトも含め全体設計をしてから、入手したいものです。

 また、周りにアドバイスしてくれる人がいることも大切な条件です。

 そのようにして適切な選択をすれば、充分満足のいく結果が得られると思います。

投稿者 もりた : 2006年04月11日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/86

コメント

コメントしてください




保存しますか?