« パスワードを忘れました | メイン | 荒川区産業展 »

2006年03月11日

荒川区・大連市中山区 友好都市調印式

調印後握手を交わす荒川区・西川、中山区・李 両区長 東京都荒川区中国大連市中山区との友好都市提携調印式が昨日午後7時より荒川区民会館にて執り行われ、荒川区 西川太一朗区長 ならびに 大連市中山区 李向東区長の手で友好都市提携宣言書に調印されました。(写真は調印後握手を交わす荒川区・西川(向かって右)、中山区・李 両区長です。ピントがずれています。申し訳ございません。)

 宣言文では

「この宣言を契機に、我々は、今後、両区の交流を促進し、相互理解を深め、信頼と友好の絆を強めていくものとする。
 また、産業・観光・芸術・文化・スポーツ・青少年など、広範な分野にわたる交流を相互に進めていくものとする。」

とあります。さらに

「我々は、この交流を通じて、両区はもとより、日本国と中華人民共和国間の友好親善関係を発展させるとともに、世界の平和と友好に貢献できるよう努めるものとする。」
とあります。
以上、「荒川区・大連市中山区 友好都市提携宣言」より引用しました。


調印記念祝賀会において乾杯のシーン 調印式に続いて調印記念祝賀会が催され、大連市中山区代表団の方々を歓迎いたしました。今回の調印式には中山区から李向東区長をはじめ中山区政府関係者、民間企業(有限公司)社長(総経理)数名の方が同行されました。

 中山区 李区長には昨年10月東商荒川支部会員による産業視察のため大連市訪問の際、大変な歓迎をいただいており、今回再び歓迎の場に同席できたことは大変光栄であると同時に親しみを感じました。

 祝賀会の終わりに西川区長より「アカシヤの大連」という小説(清岡卓行著 講談社文芸文庫 昭和44年 第62回 芥川賞受賞作品)のお話が披露されました。この本のことを李区長に告げたところぜひ読みたいとおっしゃられ、お贈りすることになったそうです。


 今回このような歴史的な場に臨席する幸運を頂いたこと、荒川区 西川区長はじめ区行政関係者、東商荒川支部の皆様に感謝申し上げます。今後産業等の分野で荒川区と大連市中山区の交流に関わる機会が少しでもあれば、微力ながらお手伝いできればと考えております。

投稿者 もりた : 2006年03月11日 02:31 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/65

コメント

コメントしてください




保存しますか?