« メモリ増設で冷や汗! | メイン | Inter BEE 2005(2005国際放送機器展) »

2005年11月16日

MOT Expert資格説明会

 マイクロソフト社の新資格「MOT Expert」の説明会が秋葉原の富士通マイゼミナールで行なわれました。説明会に参加してきましたので、その概要をお伝えします。
 参加者は7名ほど(女性5名、男性2名)でした。プログラムはマイクロソフト社 ラーニング ソリューション部 山本篤志氏による「MOT Expert」資格の説明、続いて富士通マイゼミナール 講師 による「MOT Expert研修」の説明という内容でした。

 先ず「MOT Expert」資格についてマイクロソフト 山本氏より説明していただきました。「MOT Expert」は、MOT(Microsoft Office Trainer)の上位資格です。しかし単にMOTより少し難しい資格とは捉えて欲しくないそうです。現在MOTの資格保有者が「MOT Expert」にスキルアップするだけでなく、高校・大学・専門学校の教師、企業内の技術者といった実務スキルを持った人にも「MOT Expert」を目指して欲しいということを、何度も力説しておられました。
 マイクロソフトのホームページによると「MOT Expert とは、・・・(途中省略)・・・情報生産性向上のニーズに応じた最適な研修コースのデザイン、開発とアドバイスをすることができる指導者を認定する資格です。」とあります。
「MOT Expert」の資格取得条件は次の通りです。(「マイクロソフト ラーニング総合カタログ」より引用)
 ① 最新のMOT全資格(下記4種類)の取得
   Microsoft Excel 2003、Microsoft Word 2003、Microsoft Access 2003、Microsoft PowerPoint 2003
 ② MCA資格(下記2種類)の取得
   MCA Security、MCA Platform
 ③ 2年以上のトレーナーとしての実務経験
 ④ 「MOT Expert研修」を受講し、課題を提出し、研修終了条件を満たしていると評価されること

 次に「MOT Expert」の資格取得条件の1つ(上記④)である「MOT Expert研修」について、富士通マイゼミナールの講師の方よりご説明していただきました。講師ご自身、早速「MOT Expert」資格を取得されたとのことです。
 富士通マイゼミナール(富士通オフィス機器株式会社)は、マイクロソフト社のMOT Expert スタートアップパートナーの1社(注1)であり「MOT Expert研修」の講座を12月から開始されます。受講日数は5日間、内容は下記の通りとのことです。(説明会資料より引用させていただきました。)

MOT Expert研修 概要 (富士通マイゼミナール MOT Expert資格説明会資料より引用)
  MOT Expert認定に必要なスキルの取得と
  MOT Expert認定評価課題作成に向けた実習
 1日目 MOT Expert研修 概要
      Office System
 2日目 ID・モデリング
 3日目 コースデザイン・レッスンデザイン
 4日目 続き(課題の作成)
 5日目 続き(課題の作成・発表・評価)

 この中で特に4・5日目の課題の作成に力を入れたいとのことです。またID(Instructional Design)を学ぶ必要性に関連し、「MOT Expert」では受講者のニーズの分析、デザイン、効果の評価といった(教える側のためではなく受講者のために如何に費用対効果の高いセミナーを実現するかという視点を持つことの必要性を説明していただきました。


 今回の説明会は、私どもの教室で採用しているテキストの出版元である富士通オフィス機器からのメールで知りました。実はこれまでMCP、MCA、MOTなどマイクロソフト社の認定資格についてはMOS(Microsoft Office Specialist)を除きほとんど知りませんでしたし、関心も持っておりませんでした。プロとしてお恥ずかしい話ではありますが、これらの資格やスキルを持った人材の活用は大企業、中堅企業の事務処理(オフィス業務)に特化しており親和性が高いと思いますが、私どもがお手伝いしたいと考えている商店・小規模企業・家庭でのWord、Excel、Accessなどの利用には大企業とは違った工夫、アレンジ、スキルが必要と思っています。(特にOfficeSystemなど)しかしこれらの資格・スキルも十分理解した上で、商店・小規模企業・家庭へのアレンジ、工夫を考えることが重要であると今回の説明をお聞きして、気付かせていただきました。

(注記)
 注1: マイクロソフト社のMOT Expert スタートアップパートナーには、富士通オフィス機器株式会社(富士通マイゼミナール)の他にナガセPCスクール(http://www.nps.ne.jp/exam/motexp.htm)が指定されています。

(関連ホームページ)
 ・Microsoft社「MOT Expert」
  http://www.microsoft.com/japan/learning/mot/default.mspx
 ・富士通オフィス機器株式会社
  http://www.fom.fujitsu.com/seminar/license/mot/index.html
 ・ナガセPCスクール
  http://www.nps.ne.jp/exam/motexp.htm

投稿者 もりた : 2005年11月16日 01:52 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/20

コメント

コメントしてください




保存しますか?