« WPC EXPO 2005を見て来ました。 | メイン | 大連の写真 »

2005年10月31日

中国・大連に行ってきました

10月27日~30日 東京商工会議所 荒川支部主催による中国大連視察会に参加させて頂き、大連ソフトウェアパーク等を視察して参りました。

竹内一団長(東商荒川支部会長、壮光舎印刷㈱代表取締役)、山岡景仁副団長(三美印刷㈱代表取締役)以下総勢25名という大(?)視察団でした。

大連市 中山広場 大連市 中山広場

参加者は東商荒川支部会員の印刷およびIT関連企業経営者15名、荒川区産業経済部産業振興課の黒川重夫課長、マイクロソフト社から森上・小川業務執行役員以下6名、東商荒川支部事務局から阿部智幸事務局長、須藤憲一調査役、㈱JTB上野支店の渡辺様という構成でした。

視察の主な内容は、以下の通りです。

10月27日 空路大連移動後、午後からホテル内にてIT活用セミナー
    (セミナー担当: 荒川経革広場(マイクロソフト社)NPO法人 荒川区の企業を元気にする会

10月28日 大連市内の企業4個所の視察
     ・大連ソフトウェアパーク
     ・大連運邦科技発展有限公司
     ・大連池宮印刷有限公司
     ・大連経済技術開発区 展示センター

10月29日 旅順観光
     二百三高地など日露戦争の史跡見学

10月30日 空路帰京

また、1日目の夜はマイクロソフト社様主催の歓迎パーティ、2日目の夜は大連市中山区人民政府主催によるレセプションおよびパーティを開いて頂きました。大連市中山区人民政府の李向東区長、王瑞副区長自らの歓迎をいただき、感激いたしました。開催に至るいきさつは、荒川区の西川太一郎区長が以前からの知人である中山区 李区長に連絡していただいたと聞いております。

企業視察の具体的な内容につきましては、姉妹サイトIT屋もりたの「いまさらパソコン」にてご報告させていただきます。


大連ソフトウェアパーク 大連ソフトウェアパーク

大連経済技術開発区 大連経済技術開発区

港湾広場にある巨大船のオブジェ 大連港 港湾広場にある噴水中央の巨大な船のオブジェ

大連市内 露天商の様子 大連市内 露天商


今回の視察で最も印象に残ったことは、産業振興 特にソフトウェアを始めIT産業振興に対する中国政府の意気込みの大きさです。
経済高度成長期に於いてはかつての日本も、産業特に製造業振興のために国を挙げて取り組んできました。現在高度成長期の真っ只中にある中国では、IT産業振興を国の重点施策とするのは当然といえますが、ITの中でもソフトウェアを早くから国家戦略の重要項目としたことは、日本との大きな相違点です。
日本ではソフトウェアが国家戦略上重要な分野であるとの認識が、中国、アメリカと比較して低い様に思います。
かつてソフトウェア業界に籍を置き、現在もIT産業の末席を汚す者として「中国が非常にうらやましい」と感じます。日本に於いてもソフトウェア産業をもっと重視して戴けるよう、行政の皆様には特にお願いしたいと思います。


以上、東商荒川支部 中国大連視察会参加のレポートとさせて頂きます。

投稿者 もりた : 2005年10月31日 00:23 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/13

このリストは、次のエントリーを参照しています: 中国・大連に行ってきました:

» 中国大連企業視察(1)大連ソフトウェアパーク from IT屋もりたの「いまさらパソコン」
10月27日??30日中国ソフトウェア企業視察のため大連に行ってきました。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月01日 18:05

コメント

コメントしてください




保存しますか?